驚異の心理術にユーザー騒然!! ニコ生「メンタリスト」特番にDaiGoも登場

写真拡大

ドワンゴは、動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、アメリカの人気TVドラマ『THE MENTALIST/メンタリスト シーズン3』のDVDリリースを記念した特別番組を11月14日に生放送した。

番組には”メンタリスト”として活躍中のDaiGoと、メンタリズム研究家の村山淳が出演。

ドラマの魅力を大いに語ったほか、驚異のメンタリズムも披露し、2万6,000人に及んだ視聴者を驚かせていた。

『THE MENTALIST/メンタリスト シーズン3』は、卓抜した観察眼で人の心を読むメンタリスト、パトリック・ジェーンの活躍を描く正統派ミステリードラマの第3シーズンだ。

本作が日本に入ってくる前からのファンだったというDaiGoは、「メンタリストが監修でついているんじゃないかというくらいよくできています」などと、作品の完成度について絶賛。

番組ではそんなDaiGoと村山が本編のシーンを見ながら細かくメンタリズムのテクニックなどについて解説を行い、視聴者をうならせていた。

また、番組ではMCを務めた声優の鹿野優以にDaiGoがメンタリズムを披露し、視聴者を驚かせる場面もあった。

まずDaiGoは4つのDVDボックスに番号を振り、鹿野にどれか一つを選んで持ち上げるよう指示。

その間、DaiGoと村山氏は後ろを向いて見えない状況だったにも関わらず、鹿野が1番のボックスを持ち上げたことをぴたりと言い当てた。

さらにDaiGoは続けて鹿野に2つのボックスを持ち上げさせ、これもピタリと言い当てる。

この展開には鹿野も思わず悲鳴を上げ、ユーザーからは「おおおおおおお」「こええええええええ」といった驚愕のコメントが弾幕となって流れるなど、スタジオ、視聴者ともに大盛り上がりとなっていた。

さらにDaiGoは、モニタの向こう側にいるニコ生視聴者に向けてもメンタリズムを披露。

「心の中で1から5の数字を決め、強くイメージしてください」と述べた後、ニコ生アンケート機能を利用して思い浮かべた数字を入力させる。

その結果、2番と3番がもっとも多く選ばれていたのだが、実はこれはDaiGoの予想通り。

この試みについてDaiGoは、「1から5と口に出して言ったことで1と5は選びにくくなります。

さらにこの部屋には3つの組み合わせのものが多いので自然と3を選びやすくなる。

しかしニコ生アンケートの配置的に2に行く人も多いだろうと思っていました」と論理的に解説し、視聴者を感心させていた。

また、鹿野が特に聞きたかったという「恋愛で相手を落とす方法」については、「相手が自分に好意を持っているかは目を見ればわかります。

目を合わせたとき、好意を持っている場合は瞳孔が開くのです」と回答し、さらにこの方法を応用したやり方として「明るいところを見ると瞳孔が縮まり、暗くなると瞳孔が開く瞳の性質を利用する」と述べた。

具体的には、「まず明るいところへ行ってから、暗いバーなどに行くのが効果的。

暗いバーで手元の明るいところを見ると瞳孔が小さくなるので、そこを狙って話しかけると、相手がこちらを見て瞳孔が開く。

これを繰り返すのです」と相手をその気にさせるテクニックを披露。

これについても視聴者からは感嘆のコメントが多く寄せられていた。