1回の充電でラジカセ24時間使用可能。キャリー付家庭用蓄電池「キャリ電」

写真拡大

ワンゲインはキャリー付きで持ち運びに便利な蓄電池、「キャリ電」を11月15日から発売した。

価格は9万3,450円から。

「キャリ電350」はコンパクトサイズながら、容量34Ah、最大で350Wを出力する家庭用蓄電池。

キャスターと取っ手が付いているので、簡単に移動や持ち運びができ、災害時・停電時はもちろんキャンプ時の電力確保にも適している。

価格は9万3,450円。

「キャリ電350S」はキャリ電350の機能に加え、停電時にも使えるソーラーパネル充電機能付き(ソーラーパネルは別売)。

価格は10万2,900円。

どちらも充電は家庭用コンセントに差し込むだけと簡単。

1回約6.5時間で充電完了する。

バッテリー満充電で、ラジカセなら約24時間、携帯電話の充電なら約16時間使用可能。

また、20Wの照明器具は約12時間、液晶テレビは約1〜4時間、デスクトップパソコンは1〜2時間分を充電することができる。

本体には2段階に調節できる取っ手付。

キャスターは本体を固定するためのストッパー付きで、安全に使える。

「キャリ電1500」はオフィスや医院などで使用するのに適した蓄電池。

コンパクトサイズながら、最大1,500W出力し、長時間使用できる。

満充電時は、ラジカセなら約82時間、携帯電話の充電なら約55時間使用可能。

また、液晶テレビなら約4〜16時間、デスクトップパソコンなら約4.5時間〜8時間、20Wの照明器具なら約41時間分を充電することができる。

また、同製品にはバッテリー残量とインバーター出力がわかる機能付き。

キャスター付きで移動も簡単にできる。

価格は21万円。

カラーはホワイト・ブラウン・ブラックの3色。

いずれの製品もキャリ電公式サイトで販売している。