世間から誤解の多い相場師“是銀”の実像

 通称“是銀”で親しまれ、1992年に95歳で亡くなるまで活躍した投資家、是川銀蔵。彼の成功事例は、30億円の利益を手にした日本セメント(現太平洋セメント)株、200億円の利益を手にした住友金属鉱山株への投資など、枚挙に暇がない。

 一般的には“一か八かに懸ける相場師”のイメージが強い是川であるが、実像はそのイメージとだいぶ違うようだ。まず、彼は非常に正義感が強い慈善家であり、人の道に外れる金儲けを強く批難し続けた。自分が株で儲けたお金については、そのほとんどを奨学財団に寄付してしまい、自らは一文無しに近い状態で亡くなったという。

 また、彼は努力、想像力、そして行動力の人であった。常に真面目に勉強し、さまざまなアイデアを発想し続けた。そして、興味を持った銘柄があると、すぐに自分の目で確かめに行くなど行動を起こした。

31歳で経済を猛勉強。これが大成功の礎に

 是川の投資手法の肝は「経済動向を見通すこと」。その意味で、彼の成功の原点は31歳(1928年)の時にあった。彼は若い頃から事業に熱中していたが、この頃、昭和恐慌に巻き込まれて会社を倒産させてしまう。今よりも遥かに酷いデフレと金融恐慌の時代であったのだ。

 そこで是川は人生をやり直すにあたり、まず徹底的に経済を勉強し、経済の先行きを考えることにした。

 自分を経済破綻に追い込んだ金融恐慌とは何であったのか、そして、今後どういう社会になるのか。そのことが自分の頭で整理できないうちは、どんなに努力して事業を再開しても、致命的な失敗を繰り返してしまうかもしれない。そんな思いが彼にあったのだ。

 それから彼は、毎日図書館に通い、主な経済学の本を読み漁り、さまざまな経済データを研究する日々を過ごした。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)