マルジェラが地方限定「レプリカ」アイテム発売

写真拡大

 フランスのブランド「Maison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)」が、地方店限定アイテムを11月23日に発売する。メゾン マルタン マルジェラ センダイ、カナザワ、ヒロシマ、オオイタの4店舗が対象。メタリックブルーの「レプリカ」ジャーマントレーナーとキーリングをそろえる。

マルジェラが地方限定アイテム発売の画像を拡大

 「Maison Martin Margiela」は、1994年よりメンズとウィメンズの両ラインでカプセルコレクション「レプリカ」を展開。ヴィンテージの服やアクセサリーを「Maison Martin Margiela」による解釈で具現化したもので、それぞれのアイテムを忠実に再現。これまでに30点以上におよぶ服やアクセサリーの「レプリカ」が発表され、ラベルにはそれぞれオリジナルの用途や年代が記されている。

 地方店限定アイテムとして登場する「レプリカ」ジャーマントレーナーは、「Maison Martin Margiela」の定番シューズ。メタリックブルーのレザーで作られた限定モデルで、スペシャルアイテムとして同素材のキーリングも販売される。価格は、「レプリカ」ジャーマントレーナーが47,250円、キーリングが¥12,600円。

 「Maison Martin Margiela」は、「H&M」とのコラボレーションを発表して話題のブランド。限定コレクション「Maison Martin Margiela with H&M」は、11月15日に世界各国で発売(一部発売日が異なる地域あり)された。国内では都内3店舗と、大阪、名古屋の全5店舗に1,000人以上が並び、発売から数時間で完売アイテムが続出するなど人気を集めた。