神奈川県相模原にて関東一番乗りの雪遊び! 11/23にはサンタも登場

写真拡大

富士急行が運営する、神奈川県相模原市のアミューズメント施設「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」は、11月23日に「さがみ湖雪遊び広場」をオープンする。

関東で一番早く(同社調べ)屋外で雪遊びが楽しめる施設になっている。

屋外雪遊び広場はそり遊び専用ゲレンデで、子どもが安心して楽しめるスノーパーク。

全長45mと33mの2本のゲレンデを設置している。

広場の雪は、首都圏では数少ない人工造雪機「ICS(アイスクラッシュシステム)」で作る。

1日最大50トンもの造雪能力があり、常に安定した雪質を広場に提供することができるという。

オープン日となる11月23日には、オープンを祝してサンタクロースが会場に登場する。

サンタとの記念撮影ほか、一足早いクリスマスプレゼントなど自由に参加できるイベントを実施。

雪遊び広場はさがみ湖リゾートプレジャーフォレスト遊園地エリア内に、2012年11月23日から2013年4月7日まで開場(予定)。

雪遊び広場入場料は1名200円(大人・小人共通)、そりレンタル1台200円。

プレジャーフォレストへの入場・駐車料が別途必要となる。