東京都・六本木で、Webサイト制作と食事の”物々交換”プロジェクト始動

写真拡大

東京都港区六本木のITベンチャーTIMERS inc.は14日、「まかないプロジェクト」を始動し、パートナーの飲食店の募集を開始した。

近年、レシピ本やコラボ商品で注目度が高まっている飲食店の「まかない」。

同プロジェクトは社食を持てないベンチャーの”技術やアイデア”と、地域に根ざした飲食店の”まかない”を”物々交換”することで、期間限定の無料の社食(昼食)を手に入れようという、前代未聞の試みという。

同社がWebサイトの制作(またはリニューアル)をする代わりに、まかないを無料提供してもらえる六本木の飲食店を募集。

飲食店の決定後、半年間まかないの提供を受けながら提供先の飲食店のWebサイトをリニューアルする。

同プロジェクトに参加することにより、飲食店には「余った食材を捨てなくてすむと同時に、より密着な地域のつながりができる」「コストをかけずにWebサイトの一新ができ、かつ、より多くの人にPRできる」などのメリットがあるという。

11月14日から12月10日の締め切りまで募集を行い、その後、応募のあった飲食店に訪問・面談し、12月中にパートナーとなる飲食店を決定する。

応募条件は、六本木駅・乃木坂駅徒歩圏内の飲食店で、13時〜16時の間、同社メンバーが提示するPR内容と引き換えに、”まかない”を基本毎日提供できること。

募集店舗数は1店舗。

応募多数の場合は来店し、食事・面談の上で検討。

1店舗を選定する。

その他、詳細はまかないプロジェクトWebサイトにて確認を。