兵庫県のJR姫路駅で建設中、新駅ビルの名称は「piole姫路」 - 120店舗入居

写真拡大

JR西日本はこのほど、JR姫路駅で建設中の新駅ビルを、2013年のゴールデンウィークをめどに開業させると発表した。

新駅ビルの名称は「piole姫路(ピオレ ヒメジ)」。

地下1階、地上6階で延べ面積約3万1,000平方メートル、店舗面積約1万3,000平方メートル。

約120店舗が入居する。

東急ハンズを核テナントとし、レディスウエア、セレクトショップ、アクセサリー、シューズ、インナー、コスメ、雑貨、飲食、クリニック、美容、サービスなど、姫路初出店のブランドを中心に幅広い業種が入居する予定。

JR西日本が土地を所有し、ジェイアール西日本不動産開発が建物を設置。

神戸SC開発が運営に当たる。

新駅ビルの開業に合わせ、駅中央改札口前の「プリエ」、駅東改札口前の「プリエごちそう館」、駅中央改札口付近の「プリエおみやげ館」も新駅ビルの名称で統一する。

既存の「プリエ」各施設を合わせると、全体では店舗数約210店舗、総店舗面積約2万3,000平方メートルの大型施設となる。