お笑いコンビTIM(右:ゴルゴ松本 左:レッド吉田)  コンビ名は、タイムイズマネーから。

写真拡大

浮き草稼業の芸人にも
老後もあれば家族もいる

 お金持ちが多いというイメージのある芸能界。しかし、一発屋という言葉に代表されるように、浮き沈みの激しい業界としても有名だ。当たり前だが、芸能人にだって老後もあれば家族もいる。そんな中、愛するファミリーのために一大決心をしたお笑い芸人がいた。

 2011年2月、​T​I​M​のツッコミ担当として知られるレッド吉田家に、5人目の子どもである運(めぐる)君が誕生した。そんな幸せ真っ只中のレッドさんが最近、子育てと同じくらい夢中になっているものがある。不動産投資だ。

 きっかけは、6年ほど前に息子が通っていた幼稚園の父兄仲間に、サラリーマン大家さんがいたことだった。「お金が大好き。実は大学時代にはあやしい商法に手を出して損をした経験もある(笑)」というレッドさんは、それまでも妻と「副収入が欲しいね」と話していたことから、少しの労力で収入が得られるという不動産投資の仕組みに引かれた。

 早速、都内の中古アパートを探し始めたのだが、なぜか紹介されるのはイマイチな物件ばかり。芸能人だから何もわからないだろうと、不動産会社にクズ物件ばかり押し付けられていたらしい。「お買い得物件」と紹介されたアパートの資料を銀行に持ち込み、銀行員から「すぐ埋まらなくなる物件。無駄な買い物になりますよ」と忠告を受けたこともある。

 それでも、不動産投資に積極的な妻と一緒に、関連本での勉強や物件チェックはやめなかった。

 転機はそのあと訪れた。幼稚園で専業大家をしている別の父兄と親しくなり、設計士や現場監督などの人脈が増えたため、思い切って新築アパートを建てることにしたのだ。

「中古物件は修繕や管理に手間がかかり、忙しい自分には合わないかも…」と感じ始めていたのも要因のひとつだった。

心を込めたアパート経営で
がっぽり稼ぎたい(笑)

 レッドさんが狙ったのは、一種低層地域が多く参入障壁が高いために、ライバルとなる新築マンションやアパートが建ちにくい都内城南地域だ。そこで、世田谷区か目黒区の駅から徒歩10分以内という条件を決め、知り合いの不動産業者に土地の紹介を依頼した。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)