ぶっちゃけ若者に「保険」って必要? ”イマドキ”社会人ガチンコ座談会 (3) ネット時代に生まれてよかった!? 保険加入チャネルの選び方

写真拡大

自分が大きな病気やけがを患うことを、20代から真剣に考えている人は少ないかもしれない。

そのため「保険」という言葉を、自分に関係のないものと感じている人も多いのではないだろうか。

マイナビニュース編集部では、20・30代の保険加入・未加入の男女5人に集まっていただき、若い世代に「保険」って必要なのか、座談会形式で一緒に考えることにした。

座談会に参加いただいたのは下記の5人で、司会はこれまで数多くの保険見直し相談を受けてきた、ファイナンシャルプランナー(FP)の馬養雅子さんが務めた。

・ITサービス企業勤務の吉田さん(仮名、保険既加入、20代、既婚)・ITサービス企業勤務の佐々木さん(仮名、既加入、20代、未婚)・銀行勤務の田中さん(仮名、既加入、30代、未婚)・ネット通販会社勤務の渡辺さん(仮名、保険未加入、20代、未婚)・外資系メーカー勤務の松本さん(仮名、未加入、20代、未婚)第1回では20代・30代に必要な保険は何かについて、第2回ではどんな保障が必要なのか話し合ってもらった。

座談会企画最終回となる今回は、どんなルートで保険に加入するのが最も自分に合っているか、話していただいた内容を紹介する。

――馬養です。

前回まで、今自分に必要な保険とその保障内容について考えてきました。

今回は、実際にどんな方法で保険に加入するのが自分にあっているのか、みんなで考えてみたいと思います。

保険の加入方法としては、個別の保険会社で買う、保険ショップ(代理店)で買う、ネットで通販型保険を買うという3つの方法があります。

渡辺さんと松本さんはこれから保険に加入する場合、どのチャネルを利用したいですか?渡辺 : 保険ショップが気になっています。

保険の知識が浅い分、専門の方にじっくり話を聞いてみたいです。

私が気になっている保険ショップは、今多くの場所で見かけるようになっている「来店型」の保険ショップです。

来店型なら強引なセールスとかはないのかなと思いますし、FPが常駐しているようなので心強いです。

自分で保険会社一つひとつを回るよりは、客観的なスタンスから自分にあった保険を勧めてもらえた方が、自分には合っているんじゃないかと思っています。

松本 : 私はネットを利用したいです。

全く知らない人にプライベートな話を明かすのには抵抗があります。

それに、ひいきにしている保険会社があるFPの場合だと、様々な保険を扱うショップといっても、そのショップやFPにとって利益のある保険を勧められることもあるのかなぁと。

それなら、保障内容などをじっくり自分で選ぶことができるネットの方がいいのかなと思っています。

――松本さんの指摘はなかなか鋭いところ突いていますね。

実はなぜ保険ショップが無料で保険を紹介してくれるのかというと、保険会社から加入数に応じた手数料がショップに支払われるからです。

そうなると、その手数料の割合が高い保険を、優先的に売りたいと考えるショップもあるかもしれません。

もちろん、そうじゃないショップもあるでしょう。

ですので、来店型保険ショップを利用する場合でも、1つのショップで決めるのではなく、2〜3店利用してから決めることをお勧めします。

田中 : 私は自分で納得してから保険に入りたいので、保険会社から直接パンフレットをもらって、じっくり読んでいます。

本当に大事なことは、こうしたパンフレットに書かれていることだと思っています。

とはいえ、きちんと理解することは難しいので、大筋を理解できればいいと思っていますが。

――保険会社の営業担当者や特定の保険会社の代理店の場合、その保険に関して知り尽くした人が自分の担当になってくれるというメリットはあります。