本連載は、世界最高峰のコンサルティングファームや、投資ファンドで経験を積んだ著者が、「一生お金に困らない知恵」を皆さまにお伝えするものです。第1回のテーマは「貯金」。これからの時代、給料も上がるかどうかわかりません。だからこそ、今、貯金習慣を身につけましょう!

20代後半の約半分が、
年収300万以下!

「年収300万でも貯金はできる!」が本記事の主旨ですが、本題に入る前に、この年収300万円という設定について見ていきたいと思います。この金額、実は20代後半の平均的な年収を表しています。2010年のデータによると、20代後半の平均年収は336万円、年収分布で見ると、

  •  200万円未満 :15%
  •  200〜300万円:32%
  •  300〜400万円:29%
  •  400〜500万円:16%
  •  500〜700万円:7%
  •  700万円以上 :1%

 となっています。※出典「民間給与実態統計調査」「就業構造基本調査」

 いかがでしょうか。この金額を見て、高いと思うか、低いと思うかは人によって分かれるかと思います。ただ、これからご紹介する方法論は、こうしたお金がない人でも、無理なく、必ず貯金習慣を身につけることができるものです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)