おもいでばこ「PD-100S/PD-100S-L」

写真拡大

デジタルカメラやカメラ機能付きスマートフォンの普及により、写真を気軽に撮影する機会は増えたが、手元に残る大量の写真の管理が難しくなってきた。パソコンのハードディスクに埋もれてしまって大切な思い出の写真が出てこないなんてこともある。そんな悩みにこたえるバッファロー(名古屋市)のデジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」の新モデル「PD-100S/PD-100S-L」の発表会が、2012年11月15日に都内で開かれた。

Wi-Fi接続対応でさらに便利に

「おもいでばこ」は、写真や動画をボタン1つで自動整理しながら取り込み、テレビで見ることができる「デジタルフォト・アルバム」だ。本体に撮影データを入れておけば、撮影日時をもとに年・月・日ごとに自動で整理される。

今回の新モデルでは、パソコンとのWi-Fi接続に対応した。専用アプリをインストールしたパソコンと写真の受け渡しができるようになり、埋もれていた写真をテレビですぐに見られる。無線LAN対応のプリントと接続することもできるため、テレビ画面を見ながらパソコンを介さずに印刷が行える。家族でテレビ画面を見ながら年賀状の写真を選ぶ、といった使い方も簡単にできそうだ。また、ネットアルバム「フォト蔵」と連携しており、離れて住む家族と写真を共有する手段としても使える。

発表会で、同社の取締役で事業統括本部長の渡邊泰治氏は、「おもいでばこで、写真を通したデジタル時代の家族とのコミュニケーションがもっと広がるように、バッファローから提案していきたい」と新モデルにかける思いを語った。

市場予想価格と発売予定時期は、PD-100Sが2万2800円/11月下旬、PD-100S-Lが2万7800円/12月中旬。