大阪府大阪市・海遊館、水槽の中でダイバーが伝える「アクアメッセージ」開催

写真拡大

海遊館(大阪市港区)は12月22日〜25日の4日間、同館のダイバーによるサプライズ・メッセージ・サービス「アクアメッセージ」を6年ぶりに再開、13日より参加者の募集を開始した。

各日1組ずつ計4組をメールにて募集、応募締め切りは12月6日となる。

同館では今年の冬、「smile smile winter」をテーマに掲げ、来場者が笑顔になれるさまざまなシーズナル・イベントを実施。

「アクアメッセージ」はそのメインイベントのひとつで、家族や友人、恋人など、大切な人とのすてきな思い出を作りたいという要望を受け、6年ぶりに再開する。

同館では、生き物とのふれあいだけでなく、大切な人を笑顔にするきっかけを提供し、思い出に残るひとときを過ごしてもらいたいと話している。

開催時間は17時30分〜。

場所は、同館「太平洋」水槽(ジンベエザメ)または「タスマン海」水槽(カマイルカ)。

料金は無料だが、海遊館の入館料が必要となる。

定員は各日1組ずつ計4組。

対象は、参加希望日の16時30分に入館できる人。

サプライズイベントのため、事前の打ち合わせ連絡(電話・メール)に協力できることが条件となる。

その他、応募の詳細などは同館ホームページで確認を。