頻繁に空の旅をする人へ--アメックス『スカイ・トラベラー・カード』誕生

写真拡大

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.は、ビジネスやプライベートで国内外問わず頻繁に旅行をするフリークエントフライヤーの利便性を追求した新商品『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード』の会員募集を2012年11月21日から開始する。

今回発売する「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」の最大の特長は、ポイントの貯まりやすさとマイル移行時の利便性にある。

最もよく利用する航空会社の航空機に乗れば乗るほどより多くのポイントが貯まり、貯まったポイントはアライアンスに関わらず14の提携航空会社(2012年11月現在)のマイルに移行できる。

そのため、「行きたい時期、場所に応じて、柔軟に旅行を楽しむことが可能となる」(アメリカン・エキスプレス・インターナショナル)。

「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」は、対象航空会社1社を事前登録し、航空券を日本国内でその航空会社から直接購入した場合、その航空券代金は通常の3倍ポイントが貯まる。

最もよく利用する航空会社を登録することで、より早くポイントが貯まる。

また、入会ボーナスポイントやファーストフライト・ボーナスポイントに加え、2013年1月までに入会すると期間限定ボーナスポイントも獲得でき、1年間で最大13,000ボーナスポイントを取得することが可能となっている。

「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」の利用で、貯まった「メンバーシップ・リワード」のポイントは、14の提携航空会社のマイルに1ポイント=1マイル換算にて1,000ポイント(=1,000マイル)単位で移行することが可能。

提携している14社のほとんどは3つのアライアンス(スターアライアンス、スカイチーム、ワンワールド)のいずれかに所属しており、アライアンスに関わらず航空会社を選択、行きたい時期、場所に応じて柔軟にマイルに移行することができる。

また、同カードで貯めたポイントは有効期限がなく、カード会員はいつでも好きな時にポイントをマイルに移行することができる。