米国ロゼッタストーン社コンシューマ事業最高責任者に聞く。ビジネスパーソンの英語習得に必要な勉強法とは?

写真拡大

最先端のテクノロジーを活用した語学学習ソリューションを提供している、ロゼッタストーン。

今年創業20周年を迎えた同社では、アジア市場に重点を置くため、この秋、米国本社のコンシューマ事業最高責任者であるプラグネシュ・シャー(Pragnesh Shah)氏が活動拠点を日本へ移すことになった。

そのシャー氏にお会いして、日本のビジネスパーソンが英語を話せるようになるためには、どんな勉強法が効果的なのかを伺ってみた。

――今、アジア市場を重視される理由とは何でしょうか?弊社では、2007年に日本での事業を開始しました。

韓国でも同時期から展開していますが、現在、金額ベースで見ると、全世界の語学市場規模の約1/4を日本と韓国とで占めています。

特に日本では、人口はアメリカの1/3しかいないにも関わらず、市場規模は約2倍です。

さらに、eコマースの市場規模を見ると、日本はアメリカ、中国に次いで第三位です。

クラウドを使ったソフトウェアのサービスを、Webやeコマースのチャネルを通じて提供している弊社としては、これらの点に注目し、日本を拠点としてアジア市場に重点を置くことにしました。

韓国では最近、読み書きだけでなく英語を話すことに、国を挙げて力を入れています。

日本では、過去長年にわたって英語教育が行われており、学校教育の中で英語の読み書きをする機会は大変多いと聞いています。

また、近年は特に企業のみなさんが、グローバルに闘うための競争力をつける必要性から、英語教育に大変注力されています。

弊社としては、そうしたニーズに応えるために、個人の学習者の方だけでなく、法人を対象にしたソリューションも展開していきます。

さらに、私たちは、「世界中の人々の生活を変える」ことをミッションだと考えています。

ビジネスチャンスを狙うだけではなく、社会貢献という意味でも、語学学習を必要とする人々のお手伝いをしていきたいと思います。

――日本人の学習者にとって、使いやすい語学学習ツールとはどんなものでしょうか?日本人の典型的な英語学習者は20〜40代のビジネスパーソンで、大学を卒業し、ハイレベルな英語力を備えています。

単語もたくさん知っているし、文法も分かるし、英文を読む力もしっかり持っています。

一方で、例えば、路上で道を聞かれるなど、突然英語で話しかけられると、相手の言っていることはだいたい分かるのに、それに対する言葉が出てこなくて、固まってしまうケースが多いようです。

そういった反射的に交わす会話力を身に付けるためには、毎日トレーニングすることが重要です。

例えば、ジムで運動をする場合も、1日だけ行って10時間やったとしてもダメで、毎日少しずつ、長い期間続けることによって良い結果を得られますよね。

同様に、語学も毎日続けることで、自信がつき、ナチュラルに話せるようになるのです。

1日30分でいいので続けること、それがキーとなります。

ただ、「毎日続ける」ことは難しいです。

そこで鍵となるのは、利便性や気軽さのあるソリューションでしょう。

毎日忙しく働いている人たちにとって、仕事が終わった後にどこかへ行って勉強するのは、とても大変です。

手間や時間をかけずに、利用できる「利便性」は毎日続けるためには必須です。

弊社では、米国での創業以来20年間、多くの投資を重ねながら独自のテクノロジーを開発し、わざわざ学校に行かなくても、自宅や会社のPCから、あるいはモバイルやタブレットを使って公園など外からでも、自分が都合のいい時間に学ぶことを可能にしています。

「毎日続けていく」上で、こうしたシステムは、とても便利に使っていただけるのではないでしょうか。