英語の3けた数字を直感的に理解する方法!

写真拡大

■国の人口は約 million peopleで数える。

海外とのビジネスでいつも、一瞬、呼吸が止まってしまう瞬間が必ずある。

それは数字の話の時だ。

特に、会議での、人口や数字の話は最重要な話となることが多いにもかかわらず、ついつい日本語に置き換えて考えるクセがついてしまっている。

数字のけたを翻訳で置き換えて考えている時間は、まったくないシチュエーションが多い。

例えば、人口の話の場合は、最初から日本の人口の約1億2,000万人は、「120million people」と覚えておいたほうがいいだろう。

むしろ正確な数字では、 128 million people(1億2800万人=2010年)の方がCoolだが覚えやすい約120million peopleで十分だ。

そして、米国は313million peopleだが、約310million peopleで問題ない。

一けたの「億」の単位は、すべてmillionに置き換えても、全く問題ないが、それが、10億人を超えると、billionの値になるので、途端に難しくなる。

中国は1,345millon people = 1.3billion people インドは、1,198millon people = 1.1billion people 2011年末に世界の人口は、7,000million people=7billionを突破している。

書かれた文章ならば、まだ、なんとなく視覚的にわかりやすいが、耳で聞いた場合のイメージでは、自分なりのmillion peopleやbillion peopleの感覚として持っておかなければ、えーっと?ということになってします。

人口は日本の「億人単位」に換算するよりも、常にmillion もしくはbillionの感覚で覚えておいた方が英語にする時には困らない。

その基準として、日本の人口の120millionをいつもベースにしておくとわかりやすい。

ほとんどの人口統計などの単位が100万人(million people)だからだ。

母国の国民数から世界人口を類推するのが一番イメージしやすい。

ちなみに、日本の人口に比べて、アメリカで2.4倍、インドは9.3倍、中国は10.5倍、世界は54.6倍の人口サイズである。

■円は4けたずつ、ドルは3けたずつで繰り上がる!そもそも、このmillionやbillionのややこしさは、日本のけたの4けた上がりと欧米の3けた上がりの差からきている。

日本でのけたは、一、十、百、千、万、億、兆、京、と繰り上がっている。

カンマは、通常3けたずつあるのにもかかわらず、日本語でのけたは「万」になってからは、4けたずつ単位けたが変わっている。

万の単位が4けたもあるので、億の単位も4けたある。

まぎらわしくなってしまうのだ。

1一 10 十 100 百 1,000 千 10,000 万 100,000,000 億 1,000,000,000,000 兆 10,000,000,000,000,000 京一方、英語ではカンマごとに、正しく3けたずつで単位けたが変わる。

これは、国際単位系にも似ているので世界中のどこでも非常にわかりやすい構造だ。

一 : one…1 十 : ten…10 百 : hundred…100 一千: thousand …1,000 (k: kiro) 百万: million ……1,000,000 (M: mega) 十億: billion ……1,000,000,000 (G: giga) 一兆: trillion ……1,000,000,000,000 (T: tera)例えば、日本の会社の会計なども、「195,000百万円」という単位を見て、「1,950億円」と瞬時にわかる人は多くないだろう。

100万円という単位の次の単位との兼ね合いが悪いからだ。

ただ、純利益までけたをそろえるとするとこの100万円単位の方が数字を見やすいメリットがある。

日本語での数の数え方と英語での数の数え方の違いは、3けたに合わせれば、まだいい。

なんとかなる。

しかし、さらにそれに対して、通貨の場合、為替レートが発生するので、頭が痛くなるほど、ややこしくなってくる。

特に自社の売り上げを英語のドルに変えようとすると大変だ。