日本にはないマックメニューを、日本在住の外国人に聞いてみた!

写真拡大

ハンバーガー大国・アメリカ生まれのマクドナルド。

現在は世界で119カ国、3万3,510店舗(2011年12月時点)の、まさに世界のランチともいえる人気ぶりです。

なかには、それぞれのお国柄がうかがえるスペシャルメニューもたくさん。

今回、外国人20人にお聞きしたのは「お国独特のマックメニュー」。

マックのために旅をしたくなるかも!?■フランス:Le M(ル エム)バターソースが入っていて、とても好評になった大きいハンバーガー(フランス/女性/20代後半)四角く、しっかりした食感のバンズにレタスやビーフパテが挟まったバーガー。

間からは、アニメに出てきそうな穴のあいたチーズがかわいらしくのぞきます。

日本で販売された「ル・グラントマト」はこのバーガーを元に開発されたそうです。

■アメリカ:ファヒータというメキシカン料理チーズやグリルチキンたっぷりで、サワークリームとサルサの相性は良かった。

そんなに人気はないけど、子供のころよく食べた(アメリカ/女性/20代後半)ファヒータとは、肉や野菜をトルティーヤ(薄い小麦でできた生地)で巻いたメキシコ料理。

かぶりついたらサルサとお肉のジューシーな食感! 想像したら、たまらない! でもそんな人気はないんだ……。

■中国:中華風チキンバーガーポークよりチキンの方がはるかに多い。

400円位、少し濃い味、照り焼きチキンと少し似てる(中国/男性/20代後半)鶏肉を好きな中国の食文化が現れていますね。

サイドメニューもチキンが豊富だそうです。

その他のご当地メニューは、くるんくるんのフライドポテト、中身が紫色のパイ「香芋派」や、「香蜜柚子茶(熱)」という温かいお茶など。

過去には「珍宝三角」という、少々笑っちゃうメニューもあったとか。

■エジプト:「アラビアータ」ハンバーガーと、「ファラオのタオル」「アラビアータ」はセットで約300円、味は炭焼きの味、見た目は薄いパンで巻いたもので、まあまあ人気があります。

「ファラオのタオル」はルクソール店などの限定店だけで販売されていて、ピラミッドやスフィンクスやツタンカーメンの絵が描いてあるタオルです。

一枚約1,000円で、記念品として外国人に人気だそうです(エジプト/男性/40代後半)アラビアータはパンの上に丸いパテが横並びに並んでいるところがポイント。

ちょっと食べにくそう。

タオルは結構大きいそうなので、トランクに入れるスペースを準備!■ロシア:バーガーでは「ビフ・アリャ・ルス・ベーコン入り」、バーガー以外では「黒スグリのマフィン」「ビフ・アリャ・ルス・ベーコン入り」バーガーの値段は300円弱で、見た目は他のバーガーと同じであり、味も他のバーガーに似ています。

「黒スグリのマフィン」の値段は150円強で、味は記事の甘さとスグリの酸っぱさがメインで、見た目はマフィンです(ロシア/女性/20代後半)ライ麦を使用した黒パンのバンズで、少々硬め。

通常思い描くマックとはだいぶ違うと思いますよ。

味も同じでは意味ないですし……。

それにしても、デザートメニューにマフィンがあるなんてすてきですね。

黒スグリってなんだ? と思ったら、カシスでした。

朝マックには「ブリヌイ」というロシア風クレープも。

ジャムやはちみつをとろ〜り。

実においしそう!ちなみに、インドには「チキン マハラジャマックバーガー」というものがあります。

要はビッグマックのチキン版なのですが、香辛料の入ったソースが決め手! 宗教上、ビーフメニューはなく、チキンがメインでベジタリアン用も完備。

それより何より気になったのは、お客さんがタテに並ばないこと。

カウンターに乗りかかるように、ぎゅうぎゅうヨコに並び(?)ます。

注文も言ったもの勝ち! そういったこともお国柄。

海外旅行のスケジュールには「マック」をお忘れなく!※ご紹介したメニューの中には、期間ものや、すでに終了しているものもあります