愛知県で話題の「一宮モーニング」、驚きはメニューだけじゃない!

写真拡大

名古屋メシの一つとして全国的に有名な喫茶店のモーニングサービス(以下、モーニング)。

大多数のモーニングは「トーストに卵、ミニサラダ」というのがスタンダード。

名古屋の日常に溶け込んだ、至って普通のメニューだということをお忘れなく。

で、え? タダで付いてくること自体が全国から見ると普通じゃないって?しかし今や、「モーニング」は名古屋メシというよりは、もっと広義な意味で「東海メシ」だと地元ライターとしては声を大にして申し上げたい。

統計によると、一世帯当たりの年間喫茶代は、2位が 名古屋市で1万3,547円。

堂々の1位に輝いたのは、岐阜市の1万4,481円だそうだ(平成18年(2006)〜20年(2008))。

しかし今、東海エリアでもっともモーニングで脚光を浴びているまちは、実は名古屋でも岐阜でもない。

地理的には名古屋と岐阜の中間に位置する一宮市なのだ。

一宮では「一宮モーニング協議会」なる組織を立ち上げ、官民一体となってモーニングでまちおこしを企てている。

現在の一宮には750軒ほどの喫茶店があるそうで、人口比率でいえば名古屋・岐阜に負けず劣らずの「喫茶店王国」というのは紛れもない事実である。

さて、その一宮モーニングとはどんなものか。

「ご当地シバリ」としては、当然だけど一宮市内の飲食店で提供されること。

ルーツにならい、卵料理を付けること。

そして可能な限り、一宮産の食材を付けること。

この3条件が挙げられるそうだ。

同協議会では専門サイトの立ち上げはもちろん、クーポンやマップを作ったり、マスコットキャラクターをこさえたり(なかなかキュート)。

そして、一宮モーニングNo.1決定戦「モー1(ワン)グランプリ」を開催するなど、なかなか気合が入っている。

「モー1グランプリ」はスタンプラリー形式で行われる。

評価ポイントは、満足度、癒やされ&もてなし度、マスター&ママの高感度など、味だけでなく、スタッフのホスピタリティやサービスもふくむという。

店側もそんな空気を感じ取ったのか、他県ではなかなか類を見ないユニークなサービスを展開する店が続出。

インド料理店がモーニングを提供したり、一日中“モーニング”を提供する店まで出てきたりと、個性派がそろっている。

その結果、栄えある金賞に輝いたのは、「カフェ・メールネージュ」。

こちらの店のモーニングは、生クリームをのせたフレンチトーストに、サラダやフルーツ、ゆで卵などがセットでついてくる。

銀賞は、トーストの上にホワイトクリームソースベースのトッピングを施した「クリームシチュートースト」が人気の「COCORO CAFE」。

そして銅賞は、なんとおにぎりメインという和食モーニングを提供する「Cafe & Dining Karen(カレン)」だ。

●information COCORO CAFE 一宮市千秋町佐野字郷西40-1では、ここで現地調査といこう。

一宮モーニングに詳しい地元在住の友人にオススメの店を聞きつつ、独断と偏見で選んだ訪問先は、中心地から少し離れた場所にある「マロハウス」。

自家焙煎(ばいせん)のコーヒーにこだわる、喫茶店やカフェというより「コーヒー専門店」という趣の店だ。

お目当てのモーニングは、一見至ってベーシックなスタイル。

さっくり焼き上がったトーストにゆで卵、そしてサラダが付くのだが、サラダは香りごまドレッシングを使っているそうで、このポイントは高い。

「このドレッシング目当てに来るお客さんもいるよ」と、マスターの幅光広さんは言う。

1杯出しのオリジナルブレンドは濃厚な味と豊かな香りが特長で、これにモーニングがよい「お供」になっている。

なんとも落ち着くひとときなことよ、と午前中からリラックスしていたら、マスターがおもむろにギターを取り出し弾き始めた。

実はこのマスター、地元のイベントや自分の店をステージに歌うシンガー・ソングライターなのだ。

「お客さんからリクエストがあって、手が空いた時にサービスで歌ってるんだわ。

いつでもOKという訳にはいかんけどね」。

豊かなモーニングメニューとおいしいコーヒー。

そして聴かせる歌声。

ゆったりとした心地よい空気の中、一宮モーニングタイムは過ぎていくのであった……といっても、モーニングとは日常の一部であることを忘れてはいけない。

これは非日常のイベントではないのだ。

ハレとケの分類でいえば、ケに属するもの。

話題性はもちろん大事だけれど、それよりも毎日でも通っていけるような居心地の良さ。

これこそが、モーニングサービスの真骨頂なのである。