鍋料理をガンダムのジオラマに見立てた「ズゴック鍋写真コンテスト」開催

写真拡大

大豆加工食品の製造および販売を行う相模屋食料は、10月3日に発売した「鍋用!ズゴックとうふ」ならびに「ザクとうふ デザート仕様」が、11月11日に両商品合わせて累計出荷数100万丁を達成したと発表した。

これを記念し、「ズゴック鍋写真コンテスト」を11月21日より開催する。

同コンテストでは、「鍋用!ズゴックとうふ」を使用し、ガンダムの世界観をジオラマ風に表現した鍋料理の写真を募集する。

特設サイトの応募ページは、11月21日にオープン予定とのこと。

優秀賞の受賞者(3名)には、ズゴックが登場する名シーンに合わせたオリジナル鍋「ミハルのミサイル鍋」を贈呈。

また、入賞者(5名)にも、「機動戦士ガンダム」のキャラクターをモチーフにしたオリジナルの鍋グッズが贈られる。

同商品は、アニメーション「機動戦士ガンダム」に登場するジオン軍の代表的なモビルスーツ「ズゴック」の頭部をモチーフとした青い容器に、昆布風味の煮崩れしにくい鍋用豆腐を封入。

発売以来、ガンダムのファン層を中心に、同商品の形状を生かしてジオラマ風鍋料理を楽しむ人が多いという。

なお、特設サイトでは、「ズゴック豆乳鍋(北極戦線)」などの画像を公開中。

(c)創通・サンライズ