パイオニア株式会社は、Wi-Fi接続による音楽再生が可能な「スマートモバイル オーディオ」シリーズの新製品として、さらなる高音質を追求した『XW-SMA4-K』を、2012年12月上旬に発売する。

3ウェイ5スピーカーを搭載
『XW-SMA4-K』は、Wi-Fi接続により、スマートフォンやタブレット端末、PCなどに保存された音楽をワイヤレスで再生することができるアクティブスピーカーだ。また、LANポートも用意されており、家庭内LANへの接続も可能となっている。

本製品はWPSに対応しており、複雑な接続設定をすることなくボタンひとつでWi-Fi設定が完了する。また、本製品自体がアクセスポイントとして機能する「Wireless Direct」機能により、ルータを経由することなく、スマートフォンやタブレット端末と直接接続することができるのだ。

音楽の再生には、AirPlayまたはDLNAを使用する。AirPlayでは、iPhone/iPod touch/iPad、およびMac/PC内にあるiTunesライブラリの音楽コンテンツを再生でき、DLNAでは、家庭内LAN内にあるAndroid端末やPC、NAS(DLNA対応サーバー)に保存した音楽コンテンツを再生することができるのだ。

内部には、3ウェイ5スピーカー(サブウーファー×1、ウーファー×2、トゥイーター×2)が搭載されており、迫力のサウンドが楽しめるのである。本体サイズは、W360mm×H210mm×D169mmで、重量は約3.8kgだ。なお、価格はオープンとなっている。


Editor's eyes
無線・有線ネットワークでさまざまなデバイスと接続でき、保存された音楽を大迫力のサウンドで楽しめる。新たなオーディオの楽しみ方として注目したいシステムである。

▼外部リンク

パイオニア株式会社
詳細ページ