ぶっちゃけ若者に「保険」って必要? ”イマドキ”社会人ガチンコ座談会 (2) 若い世代も入りやすい「医療保険」、どんな保障内容がいい?

写真拡大

自分が大きな病気やけがを患うことを、20代から真剣に考えている人は少ないかもしれない。

そのため「保険」という言葉を、自分に関係のないものと感じている人も多いのではないだろうか。

マイナビニュース編集部では、20・30代の保険加入・未加入の男女5人に集まっていただき、若い世代に「保険」って必要なのか、座談会形式で一緒に考えることにした。

座談会に参加いただいたのは下記の5人で、司会はこれまで数多くの保険見直し相談を受けてきた、ファイナンシャルプランナー(FP)の馬養雅子さんが務めた。

・ITサービス企業勤務の吉田さん(仮名、保険既加入、20代、既婚)・ITサービス企業勤務の佐々木さん(仮名、既加入、20代、未婚)・銀行勤務の田中さん(仮名、既加入、30代、未婚)・ネット通販会社勤務の渡辺さん(仮名、保険未加入、20代、未婚)・外資系メーカー勤務の松本さん(仮名、未加入、20代、未婚)前回は、「死亡保障」「医療保障」「老後・貯蓄保障」など様々な保障をする保険がある中で、20代・30代では医療保険に入っておくと安心という人が多かった。

今回は若い世代が医療保険に加入するとすれば、どんな保障が必要なのかについて話し合ってもらった内容を紹介したい。

――馬養です。

前回は、今必要な保険についてみなさんと考えました。

今回は具体的にどんな保障が必要なのか考えてみたいと思います。

吉田さんと田中さん、佐々木さんは医療保険に加入されているようですね。

医療保険は病気の種類や診断内容、手術の有無などにより、受け取れる給付金額が異なります。

実際、自分の保険がどのような保障内容なのか理解されていますか?田中 : 私は三大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)の特約は付けず、女性疾病(乳がんや子宮筋腫など)の特約を付けています。

入院は日額5,000円の保障にしていますが、女性疾患の場合は手術や入院の保障金額が倍になります。

佐々木 : 私も女性疾病への保障(キュア・レディ)は手厚いです。

保険に入る時に重視していたのがそこでしたし、帝王切開も保障されるというのは加入を決めた理由として大きかったです。

ただ、入院の日額はいくらなのか、ちょっと覚えていません……。

吉田 : 私も日額いくらなのか分かりません。

正直なところ、保険に対して月々いくら払っているのかさえおぼろげです。

保険に加入した際、ちゃんと内容を聞いて自分でサインをしたはずなのですが。

――保険は自分で請求しないと、保険金や給付金を受け取ることができません。

実際、20代・30代中心の500人にマイナビが実施したアンケート調査では、生命保険加入済みの266人の内、107人の方が「保障内容を知らない・あまり知らない」と回答していました。

特に親の勧めや保険会社からの営業を受けて加入された方は、加入したという事実だけで安心してしまって、保障内容をきちんと確認することがおろそかになっている人も多いのかもしれません。

田中 : 私は数年前、思いがけず入院することになりました。

それは女性疾患だったので、医療保険に女性疾病特約を付けていたことは、今思えばラッキーだったなと思います。

――給付金の条件や、給付金を受け取るまでにどのくらいかかったか覚えていますか?田中 : 入院3泊目からが給付対象でした。

支払いも申請してから2日後だったので大変助かりました。

ですが、同じ病棟にいた方は、申請から2週間たってやっと支払われたようです。

保険会社によってそうした違いがあることに驚きました。

またその方は給付の申請に医師の診断書が必要で、その費用や手間を考えると、なんだか損した気がするともおっしゃられていました。