※画像:乃木坂46公式プロフィールより若月佑美

写真拡大

※画像:乃木坂46公式プロフィールより若月佑美

 昨年8月に“AKB48の公式ライバル”として発足し、順調に活動している乃木坂46。だが48グループ同様にこちらもスキャンダルは絶えない。ファン人気の高い白石麻衣の「ジャニヲタプリクラ」、同じく人気の高い橋本奈々未も高校時代に男性2名と撮ったプリクラが流出、高山一実は過去に書いていたブログが発掘されて未成年飲酒疑惑が浮上したこともある。ハッキリ過去の恋愛経験がバレてしまったメンバーもいる。斉藤優里は高校時代に付き合っていた彼氏とのラブラブプリクラが流出、若月佑美も中学時代に交際していたかなり年上の男性とのディープキスプリクラを、彼女の同級生を名乗る人物によってネット上にバラまかれてしまった。

 その若月の、さらなるスキャンダル画像が広まっている。以前、元カレとのプリクラを拡散させた人物は、ネット掲示板で「若月は整形もしてる」などと書き込んでいたが、それを裏付ける証拠となるショッキングな画像だ。芸能人の“整形疑惑”が浮上するきっかけとしてよくあるのは、学生時代の卒業アルバム写真と現在の姿を見比べて「キレイになりすぎている。整形だ!」と憶測するパターン。だが彼女の場合は、自ら「手術してきました」という言葉を添えて、目の二重幅を広げるための施術を行ったばかりの痛々しい傷痕を撮影した写真をネット上にUPしていたのである。

 件の写真は、過去に彼女がTwitterアカウント(現在は削除)経由で画像をUPしていたフォトサービスのアカウントが残っていたことから、ファンの知るところとなった。Twitterアカウントを削除しても、連携させていたフォトサービスのアカウントを消去していなければ、写真ページはそのまま残る。つまり彼女がTwitterを利用してUPしていた過去の画像が今もそのまま残っているのだ。写真は全部で15枚あり、整形手術直後の写真以外では、彼女本人とわかる、顔や全身を写したもの、プリクラもUPされている。

「これらの画像を投稿したのは高校一年生のとき、まだアイドルデビューする前のようです。以前ネット掲示板にプリクラを流出させ、整形についても『いきなり目整形して痛そうだった』と記していた人物は、ほかにも『友達にリストカット跡を見せてたメンヘラ』『生徒会選挙に立候補するも支持率は最下位に終わった』などと書き込んでいました。彼女はニコニコ動画で生放送を配信する“ニコ生主”だった過去も。AKBでも整形疑惑のあるメンバーは大勢いますが、ここまで明確に証拠のある人はいないですね。恋愛とは違って禁止事項ではないですし、加入前のことでもありますが、さすがにファンはドン引きでは……」(アイドル誌記者)

 キスプリクラ流出事件の時には、乃木坂46運営委員会が「メンバー加入以前の行動については原則、犯罪行為を除いて不問」と明言したものの、ファンに心配と迷惑をかける行為を行ったとしておよそ半月の謹慎を余儀なくされた若月。今回も加入以前のことのうえ、犯罪行為でもないため、特に問題なく活動は続けると見られるが、ファンの動揺は避けられない。12月発売の4thシングル「制服のマネキン」(SMR)では選抜メンバー入りしており、“乃木坂のスキャンダル女王”の異名を利用して前に出れば、むしろ知名度を上げるチャンスかもしれない。正統派アイドルグループに在籍しながら整形をカミングアウトするぶっちゃけキャラとして、ゴールデンタイムのバラエティに出演することもできる。ここまで流出すればもう怖いものは何もないはず。ピンチをチャンスに変える根性を見せてほしいものである。