【うちの本棚】第百四十回 ねこまんまのジョージ/ジョージ秋山

「うちの本棚」、今回ご紹介するのは作者をモデルとした主人公が登場するジョージ秋山の『ねこまんまのジョージ』です。猫好きには気になるタイトルかもしれませんが、猫マンガではありません(笑)。


【関連:第百三十九回 電撃ハリキリ娘ピンチー/ジョージ秋山】

ジョージ秋山が、流行した歌謡曲をモチーフに、やくざ者の主人公「ねこまんまのジョージ」を描いていく作品。基本的にはギャグ作品といえるのだが、はんぱ者の主人公が関わる登場人物たちとの交流に、心の温まる展開やセリフがあり、言ってみれば映画「寅さんシリーズ」のようなもの。主人公の服装も寅さんを意識しているのは明確だろう。

とはいえ、各話ごとにテーマとなる流行歌を置いたことで、全エピソードを通しての設定は主人公がやくざ者であること以外には縛られていない。強いて言えば一話、二話で主人公の家族が登場するところが連続したストーリーといえるところだろう。三話では主人公自体が登場しない、エピソードに合わせた独立した話しにもなっている(とはいってもその外見は作者をモデルにしているところは同じなので「もうひとりの、ねこまんまのジョージ」と言ってもいいかもしれない)。

四話以降はぐっとギャグ作品の傾向が強くなっていて、主人公のビジュアルも開始当初に比べギャグ作品のキャラクター的に若干の変更がされているようだ。

各話ごとに流行歌が設定されてはいるものの、その歌詞に沿ったストーリーということではなく、歌詞の内容のエッセンスを取り出して作者が自由に物語を描いているところから、カバー袖には「ジョージ秋山式日本の歌新解釈篇」とも書かれている。本作前後には落語をモチーフにした『名作落語全集』という作品も描かれている。

ジョージ秋山作品の復刊や未刊行作品の単行本化などではシリアスな作品ばかりが取り上げられる傾向が強い印象があるが、作者の作風からいえば本作のようなギャグ作品にジャンル分けされるようなものも得意分野であることは事実で、再刊行の機会に恵まれないのは惜しい気がする。

書 名/ねこまんまのジョージ
著者名/ジョージ秋山
出版元/双葉社
判 型/新書判
定 価/350円
シリーズ名/バワァコミックス
初版発行日/昭和50年11月10日
収録作品/涙の連絡船、おふくろさん、喝采、月の法善寺横丁、傷だらけの人生、雪の渡り鳥

(文:猫目ユウ / http://suzukaze-ya.jimdo.com/