腸内洗浄は自分でやっても大丈夫?


ダイエットやデトックスに効果的といわれる、腸内洗浄。自宅でできる専用キットなども販売されていますが、素人が自分でやっても問題はないのでしょうか?専門家に聞いてみました。



医療現場で腸内洗浄が行われるケースは、腸の病気治療や出産、また、直腸の下でカチカチになった便が出口をふさいでいるのを除去するなど、いわば緊急性を伴うことが多い処置です。

健康であれば、大腸は自らのぜん動運動や分節運動などを通して、12〜24時間かけてゆっくり便として固め、排せつを迎えます。

でも、ひどい便秘になってしまうと、とにかく憂うつだし、肩は凝るし、肌荒れや頭痛など、不快な症状がたくさん。

そんな時に腸内洗浄は、腸をうがいするみたいに、あっという間にキレイになりそうで、試してみたくなってしまうひともいるでしょう。

海外では、日本よりも腸内洗浄がかなり盛んでスパなどでも気軽に利用できることも。



ところが、最近になって、米ジョージタウン大学医学部の博士らが、自宅やスパでの腸内洗浄には嘔吐(おうと)、けいれん、腎不全などさまざまな副作用をもたらす可能性が高いと医学誌に発表。これに対し、国際腸内洗浄協会が、「結腸洗浄療法は、訓練を受けた療法士がFDA(米国食品医薬品局)に登録済みの装置と、使い捨ての鏡や直腸ノズルを用いて行えば安全である」と真っ向から意見しています。



つまりは、安全な使い方もあれば、重篤な被害をもたらすこともあると言えるでしょう。



もしも排せつを腸内洗浄に頼ってばかりいると、腸の運動機能は衰えるばかりか、自然な便意が起こりにくくなる可能性も十分考えられます。

逆に、腸の粘膜が過敏になって一日に何度も便意を催すことになったり、肛門(こうもん)に挿すノズルで腸の粘膜を傷つけてしまい、感染症を起こしたケースもあったそうです。



腸内洗浄に頼る前に、腸の環境を正常に整えることが大切です。

まず、体本来の機能を衰えさせないために、普段の食生活をきちんと正す。水分、食物繊維の十分な摂取を心掛ける。

そして、腸の動きを活発にするため、腸を温め、よく歩き、適度な運動やマッサージに努めてみて。



それらを試した上で、「どうしても」という時に、医師の監修にもとづく信頼できるキットを、定められた正しい使い方で使用してください。

腸内洗浄キットを使う時は、それぐらい慎重な態度が必要でしょう。

腸内洗浄は最後の手段!と心得て、できれば病院で医師にしてもらった方が安心ですね。

(ビューティ&ダイエット編集部)