財務省・造幣局、バングラデシュの一般流通貨幣『2タカ貨幣』の製造を受注

写真拡大

財務省および造幣局は13日、 バングラデシュの一般流通貨幣「2タカ貨幣」の製造をバングラデシュ中央銀行から受注したと発表した。

外国の一般流通貨幣製造を受注するのは戦後初となるという。

今回受注した「2タカ貨幣」はステンレススチール製で、日本円で約2円に相当する。

直径は24ミリメートル、重さは5.5グラム。

バングラデシュ初代大統領ムジブル・ラーマン氏の肖像と、バングラデシュの国章をあしらっている。

製造枚数は5億枚。

バングラデシュ中央銀行は7月14日に入札を実施し、日本のほかスロバキア、オランダ、ドイツ、スペイン、イギリスの計6カ国が参加。

11月8日に日本が最も低い約5億2,000万円で落札した。

製造は年明けから開始し、2013年4月頃からバングラデシュに納入する予定。

今年は日本とバングラデシュの国交樹立40周年の節目に当たる。

同省は「今回の受注は、両国間の一層の関係強化にも貢献するものと考えている」としている。