パナソニック、食品の色を鮮やか&おいしそうに見せるLED照明器具発売

写真拡大

パナソニック エコソリューションズは、EVERLEDS「彩光色LED照明器具」合計10品番を12月1日より発売する。

自然な光色が特長で、生鮮食料品などを新鮮でおいしそうに見せることができる。

このほど発売する10品番は、同社独自の光のスペクトル制御技術で、生鮮食料品を新鮮でおいしそうに演出する照明器具。

波長580nm前後の光の成分を調整することで黄みを抑え、食品を鮮やかに見せることができるという。

また、赤色成分のピーク波長を長波長側にすることで、肉やマグロなど赤みの強い色もより鮮やかに見せることが可能に。

さらに、光には色が付いていないため、食品トレーなどの色は自然に見せることができる。

1種類の光で、精肉、鮮魚、青果、惣菜、パン、生花など多くの商材に対応。

売り場ごとの台数変更にも柔軟に対応できる。

フィルターレスで、同社フィルター付LED照明器具と比べ、明るさも約20%アップしたとのこと。

器具スタイルは、スポットライト(透過セードタイプ、一般タイプ)、ユニバーサルダウンライト。

明るさは200形と350形。

価格は3万2,340〜4万8,300円。