沖縄県久米島町のゆるキャラの座は誰のものに!? 候補5点発表で投票開始

写真拡大

社団法人久米島町観光協会は12日、「久米島ゆるキャラ大作戦」で募集したゆるキャラ候補の中から、優秀5作品を発表した。

同コンテストは、久米島町のゆるキャラを公募し観光パンフレット等で活躍してもらおうというもので、9月1日〜10月31日まで募集が行われ、298点の応募があった。

12日の発表では優秀作品5点を選出。

今後は決選投票が行われ、最優秀作品1点が決定される。

決選投票は島外在住者でも可能。

官製はがきにキャラクターのエントリーナンバーを記載し、沖縄県島尻郡久米島町字仲泊962-2「社団法人久米島町観光協会」宛12月7日必着で応募すること。

応募は1人1票のみで、同住所、同姓同名での応募は無効。

久米島ボタルの元気な男の子。

大好物はみそクッキーとドラゴンフルーツ。

飛び立つときや興奮すると、羽根が大きくなる。

お気に入りの久米島紬を着て、毎日島中を飛びまわる。

クメジマホタルをイメージ。

元気に久米島紬の着物で、くめくれない色付け。

久米島をアピールする。

久米島ほたるをイメージ。

おしりはハートの形で光り、飛べる。

おなかの久米島マーク(オリジナル)は本人のお気に入り。

クメジマホタルをモチーフに青い空とエメラルドグリーンの海、白い砂浜、久米島紅や久米島紬など観光目玉を詰め込んだ。

両手を広げて久米島をアピールする。

頭には、はての浜のイメージの入った笠と久米島町の花のクメジマツツジがあり、体は久米島のサンゴ礁のデザインが入っている。

キャラクターネームも同時に募集しているので、応募の際には記載を。

キャラクター名が選ばれた人1名(同名多数の場合は抽選)で記念品が贈呈される。

なお、島内在住者は12月9日に開催される産業祭にて投票を行う(期日前投票可能)。

詳細は「くめじま情報」へ。