東京都青山で長野の冬季グルメ! 「蓼科・冬カフェ」期間限定オープン

写真拡大

長野県茅野市は、地元蓼科(たてしな)の冬季限定グルメと観光をPRする期間限定の出展カフェ「蓼科・冬カフェ」を、東京・青山のカフェレストラン「un cafe(アンカフェ)」で展開。

12月6日から12月13日まで実施する。

期間中は、蓼科のオーベルジュ「エスポワール」藤木徳彦シェフ監修の「蓼科 冬カフェ」限定ランチを提供。

11月〜2月の狩猟解禁期間しか食べることができないフランス料理のジビエを提供。

また、雪下で貯蔵してうまみが凝縮した高原野菜や凍しみ大根などの、豊富な地元食材をアレンジした料理が味わえる。

価格は1,000円前後。

初日の12月6日には、オープニングイベントとして藤木シェフが登場し、蓼科フルコースディナーを開催する。

それぞれの生産者が蓼科の食材の魅力やメニューを紹介。

地元の野菜名人として有名な朝倉ふさよさんも駆けつけ、冬の蓼科の魅力を語る。

参加費6,500円(要予約。

コースディナー代金を含む)。

同カフェは、東京都渋谷区神宮前の「un cafe(アンカフェ)」で開催。

メニュー提供時間は11時30分〜15時。

12月6日の初日フルコースイベントは19時〜23時。