図を拡大 ドラッカー関連雑誌記事・書籍の件数
※「CiNii」および「国立国会図書館サーチ」の検索日は2012年10月12日。「大宅壮一文庫雑誌記事索引」は2012年10月17日。

写真拡大

■TOPIC-2 日本人とドラッカーの出合い

まず、総体的傾向から把握したいと思います。ここでは学術誌に関する代表的データベースである国立情報学研究所の「CiNii」、一般誌に関する代表的な雑誌記事データベース「大宅壮一文庫雑誌記事索引」をそれぞれ参照します。両者の掲載記事には一部重複もありますが、いずれにしてもドラッカーについて語られた「分量」の推移を把握する参考資料にはなるはずです。

この2つの雑誌記事 データベースの検索・集計結果と、「国立国会図書館サーチ」における「タイトルもしくはサブタイトルにドラッカーを含む書籍点数」の集計結果をまとめたものが図です。

図から分かるのは、ドラッカーに関する雑誌記事は、1950年代から連綿と書かれ続けているものの、特に2000年代になって量が増え始め、2010年代に劇的に増加しているということです。これは書籍メディアでも同様です。このことを逆に捉えれば、概して1990年代以前は、ドラッカーという人物は、年に数件程度の雑誌記事で扱われ、年に1、2冊程度の関連本が出るという程度の注目度に過ぎなかったと言えます。もちろん後で述べるように、昔から多くの信奉者は存在していたのですが。

さて、こうした動向を踏まえつつ、以下ではドラッカーが日本において、どのように受け止められ、評価され、語られてきたのか、過去の雑誌記事を紐解きながら――各時期におけるドラッカー観を端的に表わしていると見られる記事を手がかりにしながら――考えていきたいと思います。近年の「ブーム」におけるドラッカー観は、それ以前からのドラッカー観が拡大再生産されたものに過ぎないのでしょうか、それとも新たに生まれた見方や解釈の産物なのでしょうか。

■学術研究者のドラッカーへの注目

ドラッカーに日本人が注目し始めたのは1950年代半ばでした。学術研究の分野では、経営学者の藻利重隆さんがいち早くドラッカーに注目して論考を次々に発表し、1959年に『ドラッカー経営学説の研究』(森山書店)を刊行します。この著作のタイトルにあるとおり、学術研究の分野では、ドラッカーの経営学説が紹介され、また検討される時期でした。

この時期検討の対象とされたのは、処女作『経済人の終わり――新全体主義の研究』(東洋経済新報社、1963)、『産業人の未来』(未來社、1965)、『会社という概念』(東洋経済新報社、1966)、『新しい社会と新しい経営』(ダイヤモンド社、1957)、『現代の経営』(自由国民社、1956)といった、第二次世界大戦後に台頭し、ますます拡大していく新しい産業社会のあり方について考察した著作群でした。

では、考察はどのように展開されたのでしょうか。私は経営学の専門ではないので、ここでは経営学者の村田稔さんが述べた、「ドラッカーの産業社会観とは何か。それは『自由で機能する産業社会』の一語につきるであろう」(「現代の経済像――人と学説 ドラッカー」『経済セミナー』1973.9.1)という観点から整理してみたいと思います。

『経済人の終わり』や『産業人の未来』においてドラッカーはまず、ファシズムおよび共産主義は個人の自由を奪う権力形態であると退けます。しかし、社会の成員に適切な地位と役割を与え、また社会の発展を促進するような目標を提供する合法的権力――それは個人の自由を放棄させることを必ずしも求めない――は必要であるとも論じました。ドラッカーがそこで注目したのが企業でした。村田さんの表現によれば、「現代独占資本主義体制を機能させることにより、社会主義、共産主義を克服せんとする」という立場が初期ドラッカーの産業社会論であるといいます。

このような立場に多くの学術研究者が当時賛否を寄せていました。特に、第二次大戦後における「自由で機能する産業社会」の実現は、企業を中心とした資本主義体制の徹底にかかっているとするドラッカーの主張に論議が集中しました。これは先行する経営学説からの検討も多くありましたが、もう1つ当時多く見られたのは、資本主義という体制そのものを超克すべきものとして批判的に捉えるカール・マルクスの学説、いわゆるマルクス主義の観点からの批判的検討でした。

たとえば、当時の代表的な学術的論考といえる三戸公『ドラッカー――自由・社会・管理』(未來社、1971)のあとがきには、当初「最大級のブルジョア・イデオローグとしてのドラッカー批判」(261p)という目論見からドラッカーに接近したと書かれています。三戸さんはかたくななマルクス主義者ではありませんし、また後に三戸さんはドラッカーを読み込んでいくうちに、自らのうちに「マルクスの世界と並んでドラッカーの世界が形成」(262p)され、傾倒的態度に変わってきたとも述べていました。しかしいずれにせよ、三戸さんはマルクスの主張を導きとしてドラッカーの主張を整理し、現代社会における組織と人間、ひいては管理と自由の問題を考察していました。

いずれにせよ、マルクスを重要な参照項としながらも、それだけに留まらず、先行する学説との比較検討のなかで、ドラッカーの議論が学説史内に位置づけられ、解釈され、批判的に考察されるという、オーソドックスな学術研究が当時は盛んになされていました。こうした学術的検討の系譜は1990年代半ばまでは、ある程度の厚みをもって継続されることになります。

----------

『ドラッカー経営学説の研究』
 藻利重隆/森山書店/1959年

『ドラッカー名著集9 「経済人」の終わり−新全体主義の研究』
 P.F.ドラッカー/ダイヤモンド社/2007年

『ドラッカー名著集10 産業人の未来』
 P.F.ドラッカー/ダイヤモンド社/2008年

『ドラッカー名著集11 企業とは何か(注:旧題『会社という概念』)』
 P.F.ドラッカー/ダイヤモンド社/2008年

『新しい社会と新しい経営』
 P.F.ドラッカー/ダイヤモンド社/1957年

『ドラッカー名著集2 現代の経営(上)』
 P.F.ドラッカー/ダイヤモンド社/2006年

『ドラッカー名著集3 現代の経営(下)』
 P.F.ドラッカー/ダイヤモンド社/2006年

『ドラッカー 自由・社会・管理』
 三戸 公/未來社/1971年

----------

■「古典」「神様」としての登場

学術研究者のドラッカーへの注目とほぼ並行して、実務家の間でもドラッカーへの注目が高まっていました。日本で最初にドラッカーの著作が邦訳されたのは、1956年、自由国民社から刊行された『現代の経営』ですが、この翻訳者は「現代経営研究会」となっています。

これは、当時キリンビールの社員だった高木信久さんがフルブライト留学生としての渡米生活を終えてのお土産として同書の原著を6冊持ち帰り、それを重役に配って歩いたところ、当時の川村音次郎社長に翻訳を勧められたことに端を発しています。翻訳チーム(現代経営研究会)が結成され、版権を持っていた自由国民社に交渉して(既に他の研究者に翻訳を依頼していたそうです)、同書の邦訳は出版にこぎつけます。このとき、販売促進のアイデアとして企業経営者に注文カードとともに同書を郵送したところ、数日後には各企業から百部単位で注文カードが自由国民社に届くようになったといいます。こうしてドラッカーは日本の経営者に広がり始めたのでした(『文藝春秋』1981.10「『断絶の時代』ドラッカーとの邂逅のドラマ」)。

こうしてドラッカーへの評判が高まっていくなかで、ドラッカーを日本に招聘しようという話が出てくることになります。その経緯は三木國愛「P.F.ドラッカー教授・初来日(1959)の意義」(『経営情報学部論集』17-1・2、2003.3)に詳しいので概略だけ紹介します。1959年7月に日本事務能率協会(当時)の招聘により来日は実現し、箱根・富士屋ホテルで開催された第1回ドラッカー・セミナーは参加費4万円という当時にしてはかなり高額だったにもかかわらず、計120名が参加して盛況のもとに終了したといいます。当時の来日は『朝日新聞』でも報道されていました。

少し時が経ち、『週刊現代』1966年7月21日号の「あなたを襲うドラッカー旋風」では、5度目の来日公演の様子が紹介されています。このときは聴講希望者を抽選で絞らなければならないほどに注目は高まっていたようです。「ドラッカー教授の信者がいかに日本の経営者に多いか」という、「驚くばかりの人気」がこの記事では詳細に紹介されています。この来日時に、日本政府からも経営への貢献の功をたたえられ、勲三等瑞宝章が贈られていたことも話題となりました。

ちょうどこの1960年代半ば頃から、一般誌がドラッカーをとりあげ始めるようになります。この当時のドラッカーのとりあげ方は、概して言えば2つのパターンに整理することができます。

まず1つは、「経営の神様」としての注目です(『週刊現代』上掲記事、および『現代』1969.4「ドラッカーの『断絶の時代』は何を教えるか」 )。経営というものを理論的に考えてみようとする「経営学ブーム」を1950年代後半から1960年代にかけて生み出したのがドラッカーだという言及もしばしば見られます(『人物評論』1969.4「ピーター・F・ドラッカー “経営の霊感”を売る男」、『中央公論経営問題』1974年春「GMに見切りをつけたドラッカー」など)。

「経営の神様」として「経営学ブーム」を生み出した存在としてのドラッカーはこのとき既に、真剣に産業社会や企業経営について考えようとするビジネスマンが「一度はくぐらねばならない関門」「誰もが読まねばならない“古典”」だと述べられています(『週刊現代』上掲記事)。つまり、一般誌がドラッカーをとりあげ始めた最初期から、ドラッカーは「読むべき古典」として日本人の前に立ち現われていたのです。話を先取りすると、このようなドラッカーの位置づけは、今現在に至るまでほとんど揺らぐことはありません。

現在に至るまでほぼ同じことが論じられ続けている、というパターンは他にもあります。上述の『週刊現代』の記事では、ソニー副社長(当時)の盛田昭夫さんの「いっちゃなんですが、日本の経営学者諸氏は生きた企業の問題点をご存じない」という発言が紹介されています。このような「役に立たない学問/役に立つドラッカー」という切り分けもまた、現在に至るまでほぼ変わることなくなされ続けています。

一方このとき、学術研究者がとる反応も興味深いものでした。アメリカでは学問的にそれほど評価されていない、理論が体系的ではない、ジャーナリストに過ぎないといった、先の盛田さんの立場の対極に立ってドラッカーの「非学術性」を真っ向から切って捨てるタイプの研究者がまず多くいました。

あるいは『現代の経営』の邦訳監修に携わった経営学者の野田一夫さんのように、「彼は学者というにはあまりにも思想家的な、思想家というにはあまりに実際的な、実際的というにはあまりに学者的」として、ドラッカーの多面的な活動を肯定的に受け止めようとする研究者もいました(『週刊現代』1966.7.21「あなたを襲うドラッカー旋風」)。

また、先に紹介した『ドラッカー経営学説の研究』の藻利さんは同書の序文で次のように述べていました。「(ドラッカーの論述のなかに:引用者注)経営学の金山を見出しうるといっても、必ずしも過言ではないであろう。その埋蔵量はきわめて豊富であり、また鉱石の質もすぐれている。けれども、その鉱石はこの山から掘り出されなければならない。また、掘り出した鉱石は、さらにこれを、すぐれた精錬施設によって精錬しなければならない」(2p)。そして、ドラッカーの「ジャーナリスティックな妙味と文明批評的性格」(1p)を備える論述を学術研究者がより「科学的批判にたえうるものにまで鍛えあげて行く努力こそは、われわれに課せられた任務」(2p)であるとしていました。

最後にもう一人、三戸さんは上述の『ドラッカー――自由・社会・管理』のなかで、「(戦後復興を経て高度経済成長に突入していく状況下の産業界が:引用者注)現状肯定の思想的根拠を与えられたのであり、このような経営学者・思想家を他にほとんど見出すことができない」(13p)と述べています。三戸さんは同書において、社会告発的な初期ドラッカーの著作は初版すらさばけず、近年(当時)の現状肯定的な著作が何十万部も売れるという状況こそ象徴的であるとして、ドラッカーを読む日本人の心性についても冷静に捉えていました(247p)。

「経営の神様」としてのドラッカー。「役に立たない学問/役に立つドラッカー」という切り分け。その多面性。「金山」「鉱山」としてのドラッカー。日本の現状の応援者としてのドラッカー。他にも、ドラッカーの思想を真に理解するためには、ドラッカーの生い立ちから理解しなければならないとする「ドラッカーの伝記的理解」もこの時期から推奨され続けています。つまり、既に50年近く前、日本人がドラッカーと初めて出会ったこの頃から、現在のドラッカー観の構成要素のかなりの部分が出揃っていたのです。

■『マネジメント』刊行時の書評は皆無だった

当時のドラッカーのとりあげ方としてもう1つあるのは、1969年に刊行された『断絶の時代――来たるべき知識社会の構想』(ダイヤモンド社)の著者としてです。2010年以降のドラッカーのとりあげ方は、『もしドラ』の明らかな影響によって、『マネジメント――課題、責任、実践』(1974、ダイヤモンド社)を中心とするものになっています。

しかし1960年代から1970年代にかけてのドラッカーに関する記事は、『断絶の時代』や『見えざる革命――来たるべき高齢化社会の衝撃』(ダイヤモンド社、1976)といった巨視的な時代診断の論者としてドラッカーをとりあげるものでほぼ占められていました。というより、この頃刊行された『マネジメント』の書評を行った記事は、一般誌においても学術誌においても皆無だったのです。学術誌でドラッカーのマネジメント思想を検討する論考もありましたが、それとて数件程度に留まるものでした。

時代診断者としてのドラッカーという見方は、当時の記事内で比肩された人物からも見てとることができます。当時しばしば比肩されたのは、『新しい産業国家』(河出書房新社、1968)、『不確実性の時代』(TBSブリタニカ、1978)などで著名なジョン・K・ガルブレイス、おそらく未来学者と表現すべきハーマン・カーン、『水平思考の世界――電算機時代の創造的思考法』(講談社、1969)で話題となったエドワード・デボノなどでした。

さて、ここまでドラッカーの日本への紹介(1950年代)から1970年代までの動向を見てきました。今と異なるドラッカーの扱われ方もありますが、目を引くのは、現在とほぼ変わらないドラッカー観が既に多く見られるという点だと考えます。次回は1980年代から2000年代、つまり『もしドラ』の刊行直前までを一気に駆け抜けて、こうしたドラッカー観のさらなる展開を見ていきたいと思います。

----------

『ドラッカー名著集7 断絶の時代』
 P.F.ドラッカー/ダイヤモンド社/2007年

『ドラッカー名著集13 マネジメント(上)』
 P.F.ドラッカー/ダイヤモンド社/2008年

『ドラッカー名著集14 マネジメント(中)』
 P.F.ドラッカー/ダイヤモンド社/2008年

『ドラッカー名著集15 マネジメント(下)』
 P.F.ドラッカー/ダイヤモンド社/2008年

『新しい産業国家(上)』
 ジョン・K・ガルブレイス/講談社/1984年

『新しい産業国家(下)』
 ジョン・K・ガルブレイス/講談社/1984年

『不確実性の時代』
 ジョン・K・ガルブレイス/講談社/2009年

『水平思考の世界 電算機時代の創造的思考法』
 エドワード・デボノ/講談社ブルーバックス/1983年

----------

(牧野 智和=文)