シニア向け見守りサービス「見守りハピネス」を開始 - セントラル警備保障

写真拡大

セントラル警備保障はこのほど、シニア向け見守りサービス「見守りハピネス」の提供を開始した。

同サービスは、離れて暮らすなどで、万が一の時にすぐに駆けつけることができないという家族に代わり、高齢者(単身世帯・夫婦のみの世帯など)を同社が24時間365日、専用の機器を用いて見守るというもの。

異常を検知した場合や緊急ボタンを押された場合などは、パトロール員が駆けつけ対処するという。

見守りプランはサービスの内容によって3種類。

ベーシックな「Aプラン」は、緊急時に緊急ボタンを押すと、自動的に同社に通報。

訓練を受けたパトロール員が駆けつけ対応する。

また、あらかじめ設定した登録先5カ所のメール宛てに、異常発生の自動送信を行う。

月額料金は2,940円から。

「Bプラン」は、Aプランの内容に加え、緊急ボタンを押すこともできない急な事態に備えて、人の熱を検知するセンサーをトイレなどに設置。

センサーに一定時間反応がない場合、生活反応が確認できないとみなし同社に通報するというもの。

外出時や帰宅時には自身での設定操作が必要になる。

月額料金は3,465円から。

「Cプラン」は、Bプランの手動センサー設定を自動タイプにしたもの。

自身での機器設定が難しい高齢者でも利用可能。

月額料金は3,675円から。

なお、いずれのプランも初期費用は無料で、機器は契約期間5年間のレンタルとなる(買い取りも可能)。

全プランに共通のサービスとして、相談ボタンを押すと専門の健康相談窓口につながり、保健師や看護師、ケアマネージャーなど有資格スタッフへの相談が通話料・相談料無料で行える「健康相談サービス」を用意。

また有料出動オプションとして、ガスの元栓を閉めたり電気器具のスイッチを切ったりするなどの処置、自宅にパトロール員が出動しての状況確認、長期間留守の際にパトロール員が訪問しての自宅外周点検や施錠確認、郵便物の取り込みなども行う。

詳細は「見守りハピネス」へ。