アマゾンが、年々オンラインファッションビジネスに関心が高まっていることを受けて、都内にファッションに特化したプレスルームを開設する。世界8カ国で展開しているアマゾンにおいて、ファッションにおけるプレスルームを設置するのは日本が初。アマゾンが掲げるビジョン「地球上で最も豊富な品揃え」の実現を目指し、今後ファッションにおける発信力を強化していく考えだ。

アマゾンがプレスルーム開設の画像を拡大

 アマゾンがファッションアイテムの取り扱いをスタートして今年で5年。現在では、3,000ブランド以上の取り扱いまで成長し、年々ユーザーや売り上げも順調に推移しているという。アマゾンとしてもファッションの分野に注力しており、並行輸入のみだった昔から今では正規販売店も充実。それに伴い、昨今メディアからの取材などの問い合わせが急増していることから、一元化した情報を発信するためにプレスルームを設けたという。プレスルームでは姉妹サイトジャバリの商品も取り扱う予定。今後はメディアへの発信力を高める事で、アマゾンのファッション分野における認知拡大を目指す構えだ。