ホンダ、近距離移動用の超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプ」公開

写真拡大

本田技研工業は13日、国土交通省主導で検討されている超小型モビリティーの車両区分、および欧州L7カテゴリーを視野に入れた近距離移動用の超小型EV(電気自動車)「マイクロコミュータープロトタイプ」を公開した。

同車は、2011年の東京モーターショーで初公開したコンセプトモデルを進化させ、超小型ボディながらドライバーと子ども2名の乗車、もしくは大人2名の乗車を実現。

実証実験では、子育て層や高齢者層の近距離圏内の日常的な移動支援のほか、宅配や通勤、カーシェアリングといった用途での可能性を検証していくとのこと。

バッテリー、モーター、コントローラーなどを床下やリアスペースに配置し、コンパクトに完結させたプラットフォーム「Variable Design Platform」を採用することで、さまざまな用途に合ったボディや内装を、既存の自動車より比較的容易に開発・生産することを可能にしている。

その他の特徴として、タブレット端末をメーター類の表示やナビゲーション、オーディオ、バックモニターなどの機能に応用したり、ルーフに設けた太陽電池でタブレットのバッテリーを充電することが可能。

将来的には、太陽電池による走行補助を目指して研究を継続し、家庭用蓄電池としても機能させることでCO2削減効果や顧客価値を検証していく予定。