"海猿"が消えても平気な伊藤英明

ざっくり言うと

  • 「海猿」の続編がパーになった直後に、すぐに別の作品で脚光を浴びる
  • 主演映画「悪の教典」がローマ国際映画祭で観客から激賞された
  • 日本でも公開し最終的に興収20億円も狙える好スタートを切っている
  • 「海猿」がなくなったのは想定外だが、今作の役で新境地を開拓できそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング