スバル、フルモデルチェンジした新型「フォレスター」を発売

写真拡大

富士重工業は13日、フルモデルチェンジした新型「フォレスター」を発売した。

価格は、208万9,500円から293万6,850円。

同車は、スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といった基本性能を進化させた上で、使う愉しさや走る愉しさを向上させたというSUV。

新世代BOXERエンジン(2.0L 水平対向4気筒DOHC)を搭載し、NA車では新リニアトロニック(CVT)との組み合わせによるドライバビリティと燃費性能の向上、直噴ターボエンジン”DIT”搭載車は高トルク対応リニアトロニックによってスムーズでハイパフォーマンスな走りと優れた環境性能を両立したとのこと。

駆動方式は、全グレードに新制御システム「X-MODE」を採用したAWDを採用し、悪路での高い走破性を実現したという。

エクステリアデザインは、SUVらしい力強い存在感を持たせながら、空力性能や機能性に配慮。

スポーティさやたくましさ、安心感・信頼を感じさせるフロントデザインを採用し、直噴ターボエンジン搭載モデルはスポーティテイストを強化した専用デザインとなっている。

インテリアデザインでは空間の広がりや上質感等を表現し、水平基調の造形を採用したインストルメントパネルや、手に触れる箇所にソフト素材を使用するなどの特徴がある。