iPhone5買った人は涙目?(9月21日、東京・銀座アップルストア前にできた5購入待ちの行列)

写真拡大

iPhone(アイフォーン)5発売の余韻いまださめやらぬ中、アップルが2013年3月にも最新機種「アイフォーン5S」を発売するとの報道が飛び込んできた。

台湾の「工商時報」が2012年11月12日、業界関係者の話として伝えたもので、これを引用する形で複数のメディアが報じている。これによると、5Sは12月にも試作品の生産をスタート、13年3月までに一般発売される予定だという。また同じ筋からの情報として、13年上半期中に新型iPad(アイパッド)、また「iTV」も発売されるとしている。

半年スパンでの発売、本当にあるのかな…?

もっとも、アイフォーンはこれまでおおむね1年おきに世代交代を行っており、前世代「5」発売から半年という短いスパンでの「5S」投入には、疑問が残らないでもない。前述「工商時報」ではサムスンやグーグルの攻勢に対抗するためというが、果たしてどうか。ただ第3世代アイパッドから第4世代発売までの間隔がおよそ半年だったことを思えば、ないとは言い切れない。

ネット上では、

「(5を)明日買うからこういうニュースは勘弁してくれ」
「商品スパンが長いのもAppleの魅力なのに」

などと戸惑う声も出たが、「5はかなりいいぞ 5sはもっといい筈だ」と、「前向き」な意見も見られた。