写真は、「NEX-6」

写真拡大

ソニーは2012年11月16日、レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α」シリーズから、Wi-Fi機能を搭載した「NEX-5R」「NEX-6」の2機種を発売する。

低ノイズでクリアな写真撮影

APS-Cサイズの大型イメージセンサーと画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」を搭載し、一眼カメラならではの高画質で美しいぼけ味や、きめ細やかな階調表現、低ノイズのクリアな静止画・動画撮影を実現するモデルだ。

高速性と動体への追従性に優れている位相差検出方式オートフォーカス(AF)センサーをイメージセンサーの撮像面に配置したほか、合焦精度が高いコントラスト検出方式AFを組み合わせた「ファストハイブリッドAF」システムにより、フォーカスの速度と精度を両立した。

またWi-Fi機能を搭載し、共有したい写真を選んでスマートフォンやタブレットに転送したり、テレビの大画面で鑑賞したりできる。

価格はオープンだが、想定実売価格は、スタイルと機能面にこだわったという「NEX-5R」(ボディーのみ)が8万円前後、一眼カメラの画質・操作性にこだわったという「NEX-6」(ボディーのみ)が9万5000円前後とみられる。