きゃりーが着るリトゥンアフターワーズが表紙 DAZED最新号ゲストエディターは二コラ

写真拡大

 イギリスのファッション&カルチャー誌「DAZED & CONFUSED(デイズド & コンフューズド)」の2012年12月号の表紙モデルに、きゃりーぱみゅぱみゅが起用された。デザイナー山縣良和が手がける「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」の最新コレクションを着用。スタイリングは、今月号のゲストエディターを務めたNicola Formichetti(ニコラ・フォルミケッティ)によるものだ。

きゃりー×二コラ×リトゥン DAZED表紙の画像を拡大

 11月14日に発売が予定されている「DAZED & CONFUSED」の最新号できゃりーぱみゅぱみゅが着用している服は、「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2013 S/S(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京 2013 S/S)」最終日に宮下公園で行われた「writtenafterwards」のランウェイショーで発表された最新作。縁起物の熊手をイメージしてデザインされた服の神様"THE SEVEN GODS(=七服神)"のうちの一体で、デザイナー山縣が「装う力の最大値を表現した」という過去最大級の作品だ。ミックスカルチャーのファッション造形として、動物のぬいぐるみや着せ替え人形など"日本的"で懐かしさを感じるものを寄せ集めて作られている。同作は、旧東京電機大学校舎11号館で開催される「writtenafterwards & coconogacco exhibition(coco-ten)」で14日より展示される予定。

 「DAZED & CONFUSED」では表紙の他、20ページにわたりNicola Formichettiがエディトリアルを担当。発売に先駆けて公開されたムービーでは、Nicola Formichettiときゃりーぱみゅぱみゅの撮影風景やトークが公開されている。きゃりーぱみゅぱみゅは表紙を飾った「writtenafterwards」の他、「MIKIO SAKABE(ミキオサカベ)」や「JUNYA SUZUKI(ジュンヤスズキ)」などジャパニーズブランドを着用して誌面にも登場しているようだ。

 また、表紙に登場しているパンダのキャラクターは、Nicola Formichettiがデザインしている「NICOPANDA(ニコパンダ)」。19日から、「DAZED & CONFUSED」のウェブ版「DazedDigital」を「NICOPANDA」がジャックする企画も予定されているという。