寒い季節のほうが、生理痛がひどくなる?


女性の悩みのひとつ、生理痛。秋から冬の寒い季節には、いつもより強く痛みを感じたり、普段はあまり生理痛を感じないひとでも、この時期だけは辛かったりということがあるようです。

その理由について、専門家に聞いてみました。



そもそも生理痛は子宮が収縮することにより起こるもの。

子宮は筋肉でできているので、冬場など体が冷えると筋肉が縮こまるのと同じように、子宮の収縮が強くなり、痛みがさらに増してしまうと考えられます。

それに、生理中は低体温期に当たるため、ただでさえ体が冷えやすくなっています。



生理痛をやわらげるためには、まず体を冷やさないこと。そして、血液の流れをスムーズにすることが大切です。

そのために自分でできることをいくつか紹介します。



(1)睡眠、休息をたっぷりとること。

寝不足は体の冷え、血行不良の最たる要因です。生理痛が激しい場合は、まずは横になって体を休めましょう。

(2)下半身、特に腰を温めること。

手軽に行うなら、足湯もおすすめ。カイロを利用して腰を温めるのも効果的です。薄着はもってのほか!きつめの下着も血行を妨げるのでNGです。

(3)血行促進するための食事や全身ストレッチを欠かさないこと。

血行促進に効くビタミンE、貧血に効く鉄分、それに鉄分の吸収を高めるビタミンCは意識して取りましょう。

ビタミンEはアーモンド、サンフラワー油、とうもろこし油、なたね油、抹茶粉、煎茶(せんちゃ)の茶葉などに含まれています。

鉄分は、のり、昆布、ひじき、干しエビ、レバー、卵黄、ニンニク、ゴマなどに。

ビタミンCは、赤ピーマン、黄ピーマン、ゆずの果皮、キウイ、柿などに多く含まれています。

食事の後には、軽く全身ストレッチをして血行促進しましょう。ただ、痛みがひどい時には無理は禁物よ。



それから、冷えや血行を改善しても生理痛が激しい場合、子宮まわりに問題が起きている可能性もあります。

心配なら、一度婦人科を訪ねてみたほうがいいでしょう。

(ビューティ&ダイエット編集部)