東京都新宿区に、関東初上陸「雪室熟成豚」を味わえる和ダイニングがオープン

写真拡大

外食店などを展開する豊田産業は15日、東京都新宿区に「雪室熟成豚」を味わえる、NYスタイルの和ダイニング「橙家(だいだいや)」をオープンする。

「雪室熟成豚」とは、雪を貯蔵した”雪室”で保存した新潟県産豚で、雪を使った食品ブランド「越後雪室屋」のひとつ。

雪の冷気で食肉を、電気冷蔵庫のような温度変化が起きにくい状態で10日程度熟成させることで、タンパク質が分解されてアミノ酸が増えうまみが増すという。

同店は、”日本の伝統の進化”をコンセプトに「和モダン」を追求。

NYの日本食レストラン調インテリアを採り入れ、席と席との間を広く取ることで、パーソナルスペースに配慮したゆとりの空間を演出した。

料理は素材の良さを引き立てつつ現代風のアレンジが施され、女性への配慮から少し小さめとした寿司に、ミモレットチーズやたたみイワシなどのアクセントになるトッピングを施すなど、趣向を凝らしたメニューを多数用意した。

ワインは50種以上を常備。

日本酒は人気銘柄をグラス(150ml)で提供し、料理に合わせてさまざまな種類を楽しめるという。

開店は15日17時。

店舗の場所は東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル3F。

営業時間はランチが11時30分〜15時(土日祝日)、ディナーが17時〜24時(月〜木、土)、17時〜翌1時(金、祝前日)、17時〜23時(日曜祝日)。

無休。