ネットオークションでのトラブル経験者は6割以上。詐欺や偽物の可能性も!

写真拡大

ブランド品宅配買取サービスを手掛けるデファクトスタンダードはこのほど、「ネットオークションに関する実態調査」の調査結果を発表した。

同調査は10月26日〜11月1日に行われ、10代以上の男女906人から回答を得た。

まず「ネットオークションのトラブル経験」について聞いたところ、63%が「トラブル経験あり」と答えた。

具体的な内容については「ニセモノが届いた」「支払い後商品が送られてこなかった」「すごく汚いものが届いた」などの声があがった。

「ネットオークション利用前はどんなイメージを持っていたか」を聞いたところ、1位は「詐欺にあいそう」の45%。

2位は「レアなものがありそう」(35%)、3位は「出品者とのやり取りが面倒そう」(30%)となり、ネットオークションについてマイナスのイメージを持っていた人が多かった。

ネットオークションを利用したことがある人に「また利用したいか」と聞いたところ、「積極的に利用したい」が44%、「まあまあ利用したい」が42%だった。

「他によい手段が見つかるまでは利用したい」と答えた7%を含めると、利用したい人は93%に達した。

詳細は「デファクトスタンダードのニュースリリース」で閲覧できる。