つないで充電

写真拡大

ソニーは2012年11月14日、スマートフォンやタブレットなどを充電できるフラットタイプのUSBポータブル電源「CP-F1L」と、その2倍の容量を持つ「CP-F2L」を発売する。

容量7000ミリアンペア時モデルも

薄型・軽量のアルミボディーを採用し、スマートフォンやタブレットと一緒に持ち運ぶ際に便利なフラット形状としたポータブル電源だ。コンセントで充電しながらも、同時にスマートフォンへの給電が可能となっている。

厚さ約9.4ミリ・質量約125グラム、容量3500ミリアンペア時の「CP-F1L」は、コンセントから約4時間(ACアダプター使用)で満充電でき、約1.5回スマートフォンを充電可能だ。一方、薄型約12.9ミリ・質量約198グラム、容量7000ミリアンペア時の「CP-F2L」は、約7.5時間(ACアダプター使用)で満充電可能で、約3回スマートフォンを充電できる。「CP-F2L」には、USB出力ポートを2つ搭載した。

価格はオープンだが、「CP-F1LSVP」(ACアダプター無し)が4500円前後、「CP-F1LSAVP」(ACアダプター同梱)が5000円前後、「CP-F2LSAVP」(ACアダプター同梱)が7000円前後とみられる。