男性の「薄毛」に対する悩みは、年々、根深くなっているようだ。近ごろ大正製薬が薄毛不安を抱える20代〜50代男性600人に意識調査を行ったところ、やはりネガティブイメージが先行する結果となった。

■薄毛になることは大問題/43.0%
■出世しなくてもいいから、薄毛にはなりたくない/42.2%
■薄毛は恥ずかしい/74.0%(4人中3人)
■薄毛であるだけで人生損をすると思う/76.0%

 いずれの調査結果も対象者すべての平均値で、若者だけを抽出してみると数値はさらに高くなる。20代男性で「薄毛は恥ずかしい」と答えた人は85.3%、「薄毛であるだけで人生損をすると思う」に至っては実に88.0%にのぼった。

 中には、そこまでウジウジと神経質にならなくても……と、明るくポジティブな薄毛男性もいるはずだが、どうやらそれも昔の価値観らしい。昭和大学准教授で著書に『ハゲを生きる〜外見と男らしさの社会学』がある社会学者の須長史生氏の指摘。

「気にしなければいいじゃないかと考える“ポジハゲ”の人は、仕事が人一倍できるとか、スポーツ万能とか、『ハゲ』を補うに充分なソースがあるエリートです。もちろん、仕事もスポーツも頑張って、そんな偏見を努力と根性で吹き飛ばせばいいのですが、今どきの若者は暑苦しく克服するよりも、日常でからかわれたりしないように振る舞うことのほうが大切なんです」

 薄毛が「からかい」の格好の材料になっている現象は、若者を取り巻く社会的背景とも大いに関係がある。

「プライベートでも職場でも、ますますコミュニケーションが希薄になる中、表面的に褒め合う『やさしい間柄』を築き、何となく友達っぽい人間関係を維持する傾向があります。その際、太っていたり薄毛だったりという外見は、からかわれやすい。そんなターゲットにされて傷つきたくないのが若者のホンネなのでしょう」(須長氏)

 入社3年前後の社員の約4割が「出世したくない」とのデータが出るなど、内向き志向の若者たちの生態は批判の的にもなっている。具体的な仕事の成功は二の次で、個人の人間関係を優先したい気持ちが、ついには薄毛へのコンプレックスをも高めてしまったのだろうか。

 しかし、落胆するのはまだ早い。冒頭の大正製薬の調査には続きがある。20代〜30代の独身女性300名にも同様のアンケートを行い、男性の薄毛をどう思っているのかを聞いている。その結果、「(男性の)薄毛は恥ずかしくない」と答えた女性は3人中1人の36.0%、出世の項目ではわずか28.3%だった。つまり、男性が気に病むほど女性の視線は厳しくないのだ。

「いまだに『ハゲると女性にモテない』と信じ込まれているようですが、直接的に『ハゲ』を理由に女性から何か言われたり、フラられたりといった話は少ないはずです。要するに、『ハゲ』を批判するための理由づけとして女性の目というフィクションが利用されているに過ぎないのです」(須長氏)

 多くの薄毛男性をインタビューしてきた須長氏だけに、経験則に裏打ちされたコメントは心強い。最後にこんなメッセージも残してくれた。

「ありのままの自分を否定されるくらいなら、人生も頑張りたくない――。こんな守り一辺倒の姿勢はツライでしょう。他人にからかわれて傷つきたくないという気持ちも分かりますが、多少、傷つけ合ったりからかい合ったりしながら、サバけた人間関係を築いていけば、『ハゲ』は必ずマイナスのラベルではなくなります」