「焼味豚丼 十勝仕立て」を食べた東貴博さん

写真拡大

「並盛380円って、安すぎない?!僕なら言い値を出すよ!お金ならあるからね(笑)」お笑いタレントの東MAXこと東貴博さんが、販売が再開された吉野家の「焼味豚丼 十勝仕立て」をほおばりながらこう語った。

「もう1度食べたい」「定番化してほしい」との要望に対応

コクのある本醸造の北海道しょうゆと、すっきりした江戸前しょうゆをベースにしたタレを使用し、北海道十勝地方の豚丼にならって焼きにこだわった商品。2011年12月に発売してから累計販売数3000万食に迫ろうかというところで販売休止となっていたが、消費者からの「もう1度食べたい」「定番化してほしい」との要望に応え、2012年11月1日から販売を再開した。

販売再開を記念して試食した東さんは「率直にうまい!この肉の厚みが食べ応えがあっていいよね。ご飯とタレの絡み方もいいし、箸休めに大好きなコールスローが入っているのもサッパリして僕的には嬉しいな」と気に入った様子だった。

発売時には東さんの妻であるタレント・安めぐみさんがPRを担当したことを聞かされると、「それはすごいね!僕の奥さんも一役買ったんだね。そう言えば、吉野家さんから"名入りどんぶり"をもらったって、すごい自慢してました。家で丼物を作ってくれる時なんかは、毎回"安めぐみ"って名前の入ったどんぶりで出てきますよ。もちろん僕にももらえるんですよね?(笑) 夫婦おそろいだと嬉しいなぁ」と吉野家特製どんぶりをおねだりする場面もあった。

同社では「焼味豚丼」の再登場を期に、2012年内の焼味シリーズの累計5000万食突破を目指す。