子どもは何人欲しい?




少子化社会といえども、「結婚したら双子が欲しい」、「子どもが9人いたら親を入れてサッカーチームができる」などと考えることはありませんか。理想の子どもの人数について、マイナビニュース会員の皆さんにアンケート調査で聞きました。



調査期間:2012/8/14〜2012/8/20

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■「2人」で男女1人ずつが理想



まずは男性438人に、望む子どもの人数を聞いてみると、「2人」が235人(53.7%)と過半数以上を占め、続いて「3人」が87人(19.9%)、「1人」と答えた人が44人(10.0%)、残りの72人(16.4%)はそれ以外という結果になりました。



女性は562人中、「2人」が321人(57.1%)でこちらも1位に。次は99人(17.6%)が挙げた「3人」、「1人」は50人(8.9%)と、男女ともに同じ結果になりました。



最も多かった「2人」について、

「一人っ子では何だかかわいそうだし、3人は多すぎるから」(36歳/男性)

「少子化防止の最低限の人数だから。1人だと子どもが寂しがりそう」(29歳/男性)

「兄弟でいろいろ学ぶことも多いから」(28歳/男性)

「自分が一人っ子で、兄弟姉妹にあこがれていたから」(30歳/女性)

など、自身の経験や少子化という現実も影響しているよう。



中でも

「男の子と女の子の両方が欲しい」(32歳/男性ほか)という意見が多く、

「1人目が長女で2番目に長男が生まれてくるのが理想」(25歳/女性)

「それぞれの性別の子がいた方が、場に応じてどちらかの親の味方をしてくれそう」(42歳/男性)

など、94人(9.4%)が男女1人ずつの子どもが欲しいと望んでいます。



■テニスのダブルス、ベースボールができる人数が欲しい



2位の「3人」の理由は、

「少子化の世の中、せめて3人は欲しい。女2人、男1人がいいな」(28歳/女性)

「経済力があれば、順に成長していく姿が楽しめると思う」(37歳/男性)

「3人寄れば文殊の知恵というから、子どもたちで助け合ってほしい」(24歳/女性)

「自分が3人兄弟で、互いに比べられることもなく、兄に勉強を教えてもらったりいろいろ買ってもらったり、兄弟のよさを味わえているから」(24歳/女性)

など、兄弟で影響し合っての成長に期待するようです。



3位の「1人」と答えた人は、

「養育費がかかりそうなので」(24歳/男性)

「ぜいたくさせてあげたいから」(22歳/男性)

「1人いたら十分楽しいし、1人にしっかりお金をかけてあげたいから」(26歳/女性)

と経済的な理由が複数寄せられました。



それ以外の人数を希望する声として、

「4人。自分が4人兄弟で育ったから。家族は多い方が楽しい」(25歳/男性)

「男2人と女2人で合わせて4人。自分は同性の姉妹がいなくて寂しかったから」(23歳/女性)

「4人。テニスのダブルスができるくらい」(26歳/女性)

「9人。ベースボールチームができる」(51歳/男性)

「経済的に許すならできるだけたくさん。家族で合奏をやってみたい」(50歳/男性)

と、大家族を希望する人から、

「0人。結婚する気がないから」(22歳/男性)

「今のところほしいとは思わない。自分で育てられる自信がないし余裕もない」(23歳/女性)

と、それぞれの事情で子どもを望まないという意見も34人(3.4%)から届いています。



人口置換水準(人口を一定の規模で保持する水準)は2.08(人)だとか。それぞれの状況に応じて、家族構成を想像するのも楽しいかもしれません。



(岩田なつき/ユンブル)