遠足のおやつは300円まで 絶対に買ってたおやつは?




「遠足のおやつは300円まで!」。小学生のころ、先生に口酸っぱく言われたワードではないでしょうか。内緒で多めに持ってくると、同じクラスのチクリ屋に「先生、○○さんが400円分くらい持ってきています!」と言われたものです。そんな上限金額が設定されていた遠足のおやつですが、皆さんは限られた予算の中でどんなものを購入していたのでしょうか。早速聞いてみました。



調査期間:2012/8/28〜2012/8/30

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■定番チョコを選んだ理由は?

・「コアラのマーチ。溶けないし、友達と分けあえるから」(26歳/女性)

・「チョコボール。個数が多いので友達と交換しやすい」(39歳/女性)

・「『ごえんがあるよ』という名前の5円チョコ。100円で20個買えるから」(23歳/男性)

・「ぬ〜ぼ〜。モナカに挟まっていたので溶けにくかったから」(28歳/女性)



無駄に歩かせる遠足行事において、糖分は大切です。





■コスパ重視

・「フーセンガム。1箱に4個入っている上、ガムでどんどん膨れていってなんとなく満足感が高かった」(23歳/女性)

・「ベビースターラーメン。食べても、なかなか減らないので」(37歳/男性)

・「バナナ。安いし、腹持ちがいい」(40歳/男性)

・「うまい棒。安いしおいしい。友達と同じ味を選ばないようにゲームをしたのも楽しかった」(27歳/女性)



かしこい子どもたちは、費用対効果の高いお菓子を選んでいたようです。



■プラスアルファの要素があるお菓子

・「グミ。食べているとバス酔いしなかったので」(24歳/男性)

・「『すっぱい○○にご用心』というガム。3粒のうち1粒すっぱいガムが入っていて、ロシアンルーレットのように遊べた」(30歳/女性)

・「ココアシガレット。甘くておいしい。ちょっと大人っぽさもある」(30歳/女性)



おいしい、安い以外に、別の要素に引かれて購入していた人も。酔い止めの効果があるのかは謎ですが……。



■酒飲みの素質あり? 珍味系菓子

・「柿の種。甘くないのがいい」(29歳/男性)

・「カルパス。歩きながらこっそり食べるのが好きだった」(36歳/男性)

・「『焼肉さん太郎』や、『酢だこさん太郎』などの10円菓子。安くて2枚ずつ買っても大丈夫なので」(21歳/女性)

・「『タラタラしてんじゃねーよ』というお菓子。安くておいしかった。今考えると、ビールに合いそう」(25歳/男性)



酒のさかなにちょうどよさそうな駄菓子ばかり。どんな大人になったのかが気になります。



子どものころに購入した遠足用駄菓子の数々。コスパ重視派や、遊び要素のあるもの派など、それぞれの性格が出ていることが面白かったです。誰ともかぶらないおやつを持っていっていたという人は……もしかすると、変わり者の素質があったのかもしれません。



(山本莉会/プレスラボ)