ホンダ、「VFR1200F」シリーズのカラーバリエーションを変更して発売

写真拡大

本田技研工業は12日、大型二輪スポーツツアラー「VFR1200F」と、有段式自動変速機(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を搭載した「VFR1200F Dual Clutch Transmission」のカラーバリエーションを変更して16日に発売すると発表した。

価格はVFR1200Fが157万5,000円、VFR1200F Dual Clutch Transmissionが168万円。

VFR1200Fシリーズは、水冷・4ストローク・OHC・V型4気筒エンジンと車体特性により、スポーティーな走行やロングツーリングに適した大型二輪スポーツツアラー。

また、VFR1200F Dual Clutch Transmissionは、二輪車用として世界初という有段式自動変速機(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を搭載し、簡単な操作で上質なライディングを楽しめるモデルとのこと。

今回のカラーバリエーション変更では、新色「ダークネスブラックメタリック」と現行色「パールサンビームホワイト」の2色を展開するとともに、リアカウル部のカラーを車体と同一色としている。