子どもを育てるならどんな家を選ぶ? お部屋選びの条件とは

写真拡大

子どもを育てるときは、どんな家で育てるかも大事なこと。

子どもにとってのびのび育つ家であり、家族全員がハッピーな気持ちで暮らせる家に住みたいものです。

「マイナビ賃貸」では、子どもがいる社会人の男女に、「これだけは欠かせない!」と思った、子育てに大事だと思うお部屋の条件を聞きました。

すると様々な意見が…。

■やっぱり「間取り」重視 将来を考えた部屋「今は幼いけど、いずれ子ども部屋が必要になるだろうと、部屋数の多い物件を選んだ」(男性・京都府・37歳)「子どもと一緒に遊んだり同じ空間で過ごしたりできるよう、リビングの広い部屋にこだわった」(男性・神奈川県・29歳)「家族のプライベートを確保したいので、子どもが1人ずつ部屋を持てるような間取りを探した」(男性・奈良県・49歳)他にも、「仕切って子ども部屋にしたり来客用にあてたりできるため、広めの部屋がある家」(男性・福岡県・33歳)と、子どもの成長に合わせて間取りを自由に変えるという意見もあがりました。

■思い出をしまうため? 「収納」を多くしたい理由とは「収納がたくさんあれば、たんすなどを買わなくてもすむ上、部屋も広く使えるので」(男性・茨城県・34歳)「子どもがいると、どうしてもおもちゃやベビーカーなど物が多くなるから」(女性・愛知県・33歳)「子どもの描いた絵や、学校でもらった表彰状など、残しておきたいものが増えるから」(男性・大阪府・45歳)子どもがいれば、想定していた以上に物は増えます。

収納がないので大事な思い出を捨てることがないようにしたいですね。

■「防音」 建物全体の構造に注目!「子どもの声や物音が他人に迷惑をかけないようにしたいから」(女性・福岡県・28歳)「階下に足音が響き、下の階に迷惑をかけてしまい、嫌みを言われるのが嫌だったので、1階の物件を探した」(男性・愛知県・36歳)「子どもがうるさいと言われて引っ越しを決意したので、防音かどうかは最重要課題でした」(女性・埼玉県・35歳)ファミリー世帯にとって悩ましいのが、子どもの泣き声や走り回る足音。

壁の厚さはもちろんのこと、間取りやマンション全体における各戸の配置など総合的にみて判断しましょう。

そのほかには「免震住宅であること」(男性・静岡県・42歳)など災害に強い建物であることや、「大通り沿いではない立地にこだわった」(男性・東京都・38歳)といった環境重視の意見なども挙がりました。

もちろんこれらすべての条件を満たしている物件に巡り合えれば最高なのですが、思い通りにいかないのも物件探しのつらいところ。

はずしたくない条件とあわせて、妥協点を考えておくのも必要なことかもしれません。

あなたはどんな家を選びますか?(板橋不死子+プレスラボ)【アンケート対象】子どもがいる社会人の男女(マイナビニュース会員)調査時期:2012年9月13日〜2012年9月14日有効回答:108件調査手法:インターネットログイン式アンケート

続きを読む