純金融資産1億円以上の富裕層限定、完全会員制のSNS「GRACE UNION」開設

写真拡大

早稲田フロンティアマインドは、国内外富裕層同士の新しいつながりを促進すべく、11月9日に完全会員制 国際的の共創型プライベートコミュニティSNS「GRACE UNION」を開設した。

同SNSの会員対象となるのは、純金融資産1億円相当以上の資産を保有されている人、またはその家族。

インタビューや既存会員からのヒアリングなどにより審査条件をクリアした人だけが、会員になることができる。

実名参加になるため、安心して利用できるのもメリット。

入会費や年会費は無料。

会員募集は経済成長が著しいシンガポールを中心に、アジア圏で展開している。

そのため、海外の会員と新しいつながりを作ることが可能。

外国語が苦手な会員は、事務局に通訳・翻訳を依頼することもできる。

また、運営事務局と連携して自由なテーマでコミュニティーを立ち上げ、イベント・パーティーを開催することも可能。

有名アナリストによる経済見通し、海外不動産ツアー状況など、現地ならではの生きた情報交換をすることができる。

また、直接の交流が大切と考え、定例のオフィシャルイベントやパーティーの開催も継続して行うとのこと。

11月17日には同社赤坂事務所において、国内外の経済見通しのセミナーやディスカッション会を会員対象に無料で開催する。

当日は、アメリカ大恐慌研究者で有名なエコノミストが登場する予定。

現在同SNSは、国内で約40名の医師や弁護士が入会。

3月までに国内外会員数500名を目指している。