アニメ一色! 兵庫県神戸市で12/1「アニメーション神戸 前日祭」開催

写真拡大

兵庫県神戸市は「アニメーション神戸」の前日12月1日に、アニメーション神戸賞・受賞作品に関する話やアニメソングライブなどを行う「アニメーション神戸 前日祭」を開催する。

「アニメーション神戸」は、平成8年(1996)から開催しているもので、同市がクリエイティブ・コンテンツ関連産業の振興・集積を図ることを目的としている。

同イベント前日に開催する「アニメーション神戸 前日祭」では、「這いよれ! ニャル子さん」オープニング曲『太陽曰く燃えよカオス』の作編曲家・田中秀和氏が登場。

作品にまつわるトークイベントを開催する。

同曲は第17回アニメーション神戸賞・主題歌賞(ラジオ関西賞)受賞曲となっている。

さらに、「這いよれ! ニャル子さん」の原作挿絵複製原画、TVアニメの色彩設定画、絵コンテ、本編カットなどの特別展示も実施。

また、アニメーション神戸・デジタル・クリエイターズ・コンテストの審査委員長を務める大地丙太郎監督の新作、「神様はじめました」(テレビ東京他にて放映中)の第1話を特別上映する。

当日は、「OYJ55」(京都光華高等学校軽音楽部)と、神戸のご当地アイドルKOBerrieS♪の特別ライブも実施。

「OYJ55」は高校生バンドによるアニメソングライブのコンテスト「とよさと軽音楽甲子園2012」で、最優秀賞を受賞している。

その他、滋賀県豊郷町の職員と同町商工会の青年部を招き、アニメによるまちおこしの苦労や、面白エピソードなどについてのトークショーも予定している。

同イベントはArt Theater dB 神戸で、12月1日の14時〜17時まで開催。

申し込みはアニメーション神戸公式サイトから行えるほか、往復はがきでも受け付ける。

締め切りは11月14日。

参加費は無料。