三菱ケミカルHD社長 
小林喜光 
1946年、山梨県生まれ。県立甲府第一高校卒、東京大学大学院理学系研究科修了。ヘブライ大学、ピサ大学への留学を経て、74年、三菱化成工業(現三菱化学)入社。96年、三菱化学メディア社長。2006年、三菱ケミカルHD取締役。07年4月より現職。

写真拡大

『日本人とユダヤ人』は今から40年前に出版され、大ベストセラーとなった。だが、私にとってはただの流行本ではなかった。「生きることの素晴らしさ」を教えてくれた一冊なのである。

何のために生きるのか──。多くの人にとって、永遠のテーマではないだろうか。私が最初にこの哲学的で難解な命題にぶち当たったのは、高校生のときだった。

当時の私は、カミュやサルトル、ニーチェなど実存主義の作品を読み漁っていた。しかし、いくら考えても答えは出ない。ロジカルで、一つの結論が出る世界のほうが楽なのではないか。そういう思いから、大学では理科系の道を選択した。

大学に入学し、修士課程へ進むころ、ふたたびこの命題に取りつかれることになる。ときはまさに70年安保の真っ只中。“政治の季節”の中で、学生たちは熱に浮かされたように天下国家を論じ合っていた。私自身は政治活動に没頭することはなかったが、「日本は、自分は、この先どうあるべきか」と思い悩む日々が続いていた。

ちょうどそのころ手に取ったのがこの本だった。なぜユダヤ人たちは短期間でイスラエルという国家を築くことができたのか。失われたはずの言語であったヘブライ語を復活することができたのか。

ユダヤ人には優秀な人物が多いというのも、私には謎だった。物理学のアインシュタイン、精神分析で知られるフロイト。また、芸術分野に目を転じると作曲家のマーラー、画家のシャガールらがいる。さらに銀行家のロスチャイルド、政治家ではキッシンジャーと、まさしく綺羅星のごとくという表現がふさわしい。私はその秘密を知りたくなった。そして、できることなら現地に行って、自分の目で確かめてみたいという強い衝動を抱いた。

博士課程1年生のとき、幸運にも大学の掲示板にイスラエルのヘブライ大学への国費留学の案内が貼られていた。当時、私が専攻していた放射線化学の分野では、同大学が最先端の研究を行っていた。周囲の猛烈な反対をよそに、私は迷わず応募し、留学の機会を得ることになった。

留学中、今はエジプト領となったシナイ砂漠へ行く機会があった。小高い丘から眺めても、目に入るのは荒涼たる砂の連なりだけ。その何もない空間を、黒いショールをまとったアラブの女性が黒ヤギを連れて歩いていた。無の世界にただ一点、生きて動いているものがいる。

この瞬間、全身を貫くような衝撃が走った。日本にいたときは、満員電車に揺られる何百人の一人でしかなく、自分の存在感がどんどん小さくなっていく気さえしていた。だが、砂漠に立っていると、心臓の鼓動さえはっきりと伝わる。生きるということは、ただそれだけで素晴らしいことなんだと感じた。

イスラエルの地で私なりに理解したのは、ユダヤ教やキリスト教、そしてイスラム教のように砂漠で生まれた宗教を持つ人たちの強靭さだった。これらの宗教は一神教である。彼らは神と唯一無二の契約を交わし、戒律を固く守って懸命に生きている。

かたや日本人はどうだろう。この本の中では「ユーラシア大陸から少し離れた箱庭のような別荘で何の苦労もなく育った青年」という表現で描かれている。つまり、世間知らずのお坊ちゃんなのだ。

われわれが、「何のために生きるのか」などと悩んだところで、しょせん、砂漠の地で民族紛争を繰り返し、明日さえどうなるかわからない状況で暮らしている人々とは真剣さが違う。ならば、そんなことを考えるのはやめよう。死ぬまで生きるだけだ。とにかく生きて、何かを徹底してやり抜こうという心境になったのを昨日のことのように覚えている。

へブライ大学の留学を終えた私は、さらにイタリアのピサ大学への留学を経て、現在の会社に入社した。働き始めてからも、仕事で厳しい局面に追い込まれるたびにイスラエルでの経験を思い出す。ユダヤの人たちの境遇に比べればたいしたことはないだろうと考えることが、困難を乗り切るための精神的な支えになっているのだ。

私は『日本人とユダヤ人』を今でも枕元に置き、折に触れて読み返している。ここまでは個人的な体験を述べてきたが、ビジネスマンにとっても多くの学びを得られる本である。特に外国人とビジネスをする機会のある人にとっては、今も色あせない内容が書かれている。

海外ビジネスに携わる人にとって重要なのは、世界観と歴史観を持つことである。異なる民族のことを知ることも大切だが、一方で祖国・日本のことも理解しなければならない。

この本は哲学的な示唆だけでなく、比較文化論、日本人論としても優れている。

日本人とユダヤ人は、あらゆる点で対照的な民族といっていい。本には日本人は「安全と自由と水はタダ」と考えがちだ、と書かれている。島国であり、他国から侵略された経験が多くはない。国土は緑におおわれ水も豊富だから、そう考えるのもいたしかたないことだろう。

ところが、ユダヤ人はセキュリティに金をかける。本書にはニューヨークの一流ホテルに住むユダヤ人の話が出てくる。長期宿泊ではなく、そこに居住しているのだ。だが、服装といい、身の回りの品といい実に質素なのである。それでも高い料金を払って住む理由は「安全だから」にほかならない。

一流ホテルなら国賓も泊まるし、著名人も滞在する。万一事故があると大変なことになるから、ニューヨーク市警が常時警戒を怠らない。ホテル側が契約している警備会社もトップクラスである。彼はそこに居住することで、自分の命や財産を守っているのだ。

ユダヤ人といえば、誰もが祖国を喪失した漂流の民というイメージを持つだろう。加えてアウシュビッツの悲劇もある。第2次世界大戦後の1948年、念願のイスラエル建国が実現されたとはいえ、それまで2000年もの間は、世界の各地に散らばり、ずっと耐え続ける歴史だった。そんな環境が彼らに高い安全意識と不屈の精神を培わせたのだろう。

交渉のあり方も大きく異なる。これは、ユダヤ人だけでなく、アメリカ人や中国人、インド人にもいえる。

私は長年、CD−RやDVDなどの光ディスクの開発に携わってきた。その過程で、台湾、中国やインドなど外国人のビジネスマンと幾度も交渉をする機会があった。

そこで痛感したのは、日本人がいかに論理的でないかということだった。中国人やインド人たちは、ロジックを積み上げて話を展開する。そのうえで明確な主義主張を掲げて臨んでくる。重要な事柄については、必ず契約書や覚書を交わすことも忘れない。

一方、日本人には「言外の言、法外の法」といった考え方が根付いている。「あいまい」をよしとし、信頼関係で何とかなるだろうと考える傾向が強い。「契約」という概念があまりに希薄なのである。

この本の著者である山本七平は、「法外の法」の基本は日本人がよく使う「人間性」という言葉にあると指摘している。日本人には人間としてかくあるべきだという暗黙の規範があり、その規範の中で交渉を行おうとする。しかし、外国人相手には通用しないのだ。

仕事の舞台がグローバル化していけばいくほど、己を知り、相手を知らなければならない。ビジネスにおいて国境のない現在だからこそ、もう一度読まれるべき本ではないだろうか。

■小林喜光氏厳選!「役職別」読むべき本

部課長にお勧めの本

『21世紀の国富論』原 丈人著、平凡社

日本のこれからの成長戦略をわかりやすく描いた作品。サブプライム問題によって崩壊したこれまでの資本主義は今後どこへ進むべきか──。ミドルならば、経営者になったつもりで、真剣に考えなければならない。

若手、新入社員にお勧めの本

『二十歳のエチュード』原口統三著、ちくま文庫

戦後まもなく入水自殺した若き一高生が書いた一冊のノートを本にしたもの。今読むと青臭い内容だが、読後に疲れがとれる感じがするのが不思議。物事をうがって見ず、純粋に突き進むことの大切さを教えられる。

※すべて雑誌掲載当時

(岡村繁雄=構成 的野弘路=撮影)