眉を整える前後の印象

写真拡大

「眉への関心が高い人」のほうが自分に自信がある――クレディア ワールドワイド(大阪市)のアイブロウトリートメントサロン「アナスタシア」が、インターネットで行った「眉に関する意識調査」でこんな結果が明らかになった。

自信があると回答した割合は、眉のケアを専門に扱う「眉サロン」について知っている、もしくは行ったことがある「眉への関心が高い人」は58%、「眉サロン」を知らなかった人は42%だった。調査は2012年9月7日〜9日に実施し、11月7日に発表された。

女優の仲間由紀恵さんと、競泳の入江陵介選手に栄冠

眉を整える前後に撮影した女性の写真を比べ、どちらが好印象であるか質問したところ、全体の約9割の人が「眉を整えた後」だと回答した。中でも「顔立ちが良くみえる」「りりしい」などと印象を説明する人が多かった。

「あなた自身の眉について悩みを教えてください」との問には、全体の82.8%の人が何らかの悩みがあると回答しており、「左右で形が揃っていない」(35.8%)、「自分に合う眉がわからない」(32.2%)、「眉毛が多すぎる」(30.1%)との回答が多かった。「自分ひとりでは満足いく眉に仕上げることが難しいと感じている人が多い」と同社では分析している。

一方、眉がきれいな著名人は誰かを質問する項目には、女性芸能人では綾瀬はるかさん、北川景子さん、男性芸能人では速水もこみちさん、向井理さんなどの名前が挙がり、「ベスト眉ニスト」には、女優の仲間由紀恵さんと、競泳のロンドン五輪メダリスト、入江陵介選手が選ばれた。

調査を行った「アナスタシア」は、オバマ大統領夫人やベッカム夫妻、トム・フォードら著名な顧客を抱えており、日本にはアメリカから2004年に上陸した。「骨格・筋肉・フェイスバランスより編み出された独自の理論に基づき、顔立ちの美しさをもっとも活かす眉」をつくりだすとしている。